岡本和真 妊娠, 1999 有馬記念, 韓国 メジャーリーガー, 将棋 速報 王位戦 リアルタイム, 天体観測 方法, 尚志高校サッカー 一年生, バニラバー 当たり 2020, 佐久間由衣 大矢部, グリーン 大学, ダブルス 二人の刑事 打ち切り, カルテット 原作本, ギガントドリラー ショベロー, ロッテリア 年 商, ミッドナイトランナー ネタバレ スコップ男, 大谷室蘭 サッカー 監督, パリーグ 安打数, 石川歩 高校, フィリーズレビュー 過去, 星野源 メディア, 京都 中学サッカー, 将棋アプリ 最強, 韓国プロ野球 外国人, ..."> 岡本和真 妊娠, 1999 有馬記念, 韓国 メジャーリーガー, 将棋 速報 王位戦 リアルタイム, 天体観測 方法, 尚志高校サッカー 一年生, バニラバー 当たり 2020, 佐久間由衣 大矢部, グリーン 大学, ダブルス 二人の刑事 打ち切り, カルテット 原作本, ギガントドリラー ショベロー, ロッテリア 年 商, ミッドナイトランナー ネタバレ スコップ男, 大谷室蘭 サッカー 監督, パリーグ 安打数, 石川歩 高校, フィリーズレビュー 過去, 星野源 メディア, 京都 中学サッカー, 将棋アプリ 最強, 韓国プロ野球 外国人, ..." /> 岡本和真 妊娠, 1999 有馬記念, 韓国 メジャーリーガー, 将棋 速報 王位戦 リアルタイム, 天体観測 方法, 尚志高校サッカー 一年生, バニラバー 当たり 2020, 佐久間由衣 大矢部, グリーン 大学, ダブルス 二人の刑事 打ち切り, カルテット 原作本, ギガントドリラー ショベロー, ロッテリア 年 商, ミッドナイトランナー ネタバレ スコップ男, 大谷室蘭 サッカー 監督, パリーグ 安打数, 石川歩 高校, フィリーズレビュー 過去, 星野源 メディア, 京都 中学サッカー, 将棋アプリ 最強, 韓国プロ野球 外国人, ..." /> ホースソルジャー 評価

BLOG

ブログ

テーマがテーマだけに ☆4点 予告編 映画データ あらすじ 2005年6月、国際テロ組織アル・カイーダの重要工作員の暗殺を狙ったレッド・ウィング作戦のため、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズはアフガニスタンに赴く... 米特殊騎馬隊のアフガンでの死闘を描く『ホース・ソルジャー』 仕方が無いのでネルソンはマザーリシャリーフへの最後の補給路であるターンギー峠を残された兵力だけで攻略することにします。, ネルソンは隊を3班に分け、挟み撃ちの攻撃を仕掛けることにしますが、スペンサーの班が投降したと見せかけたタリバン兵の自爆攻撃により負傷してしまいます。 ホース・ソルジャー(2017)の映画情報。 評価レビュー 1011件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:クリス・ヘムズワース 他。 アメリカ同時多発テロ発生直後、初めて対テロ戦闘に身を投じたアメリカ陸軍特殊部隊の活躍を描いた実録ミリタリーアクション。 ミッチたち12人は元々グリーンベレーの隊員で、対アフガンを想定してウズベキスタンのK2基地(カルシ・ハナバード空軍基地)で2年間訓練していて、アフガニスタンの専門家という自負がありました。 サム・ディラー: マイケル・ペーニャ しかし泥道で車がスタックすると、馬に乗って追って来たドスタム将軍に追いつかれ、ラザンは射殺されます。, ターンギー峠を制圧したネルソンは要請した救助ヘリを着陸させると、スペンサーを急いで収容させ見送ります。 地上部隊は正確な座標を指示する感じです。, 空爆が開始されるとドスタム将軍の隊は突撃していきますが、座標が少しずれててタリバンの反撃に遭います。 ドスタム将軍の行動に驚くネルソンでしたが、ドスタム将軍にとってタリバンの司令官ラザンは家族を殺された宿敵でした。 ネルソンは将軍を救うべく敵に近づいてさらに精確な座標を指示すると、最初の拠点を制圧しネルソン将軍からも信頼されるようになります。, ネルソンが米軍をお客さん扱いしていたのは、米軍に死者が出ると有志連合が手を引いてしまうと考えていたからでした。 BM-21はロケット砲を撃ち尽くすと装填に2分掛かり、その間がチャンスだとネルソンは言いますが、生きて帰れないかもしれないとも言います。, するとネルソンの覚悟を悟ったかのようにドスタム将軍の騎馬隊が戻ってきます。 タリバンと確信したネルソンは空爆を指示します。, 『ローン・サバイバー』の4人対200人よりありえない、12人対5万人なんですけど基本、空爆での攻撃です。 【公開】 2018年(アメリカ映画) 【原題】 12 Strong 【監督】 ニコライ・フルシー 【キャスト】 クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、ナビド・ネガーバン、トレバンテ・ローズ、ジェフ・スタルツ、サッド・ラッキンビル、ロブ・リグル、ウィリアム・フィクトナー、エルザ・パタキー 【作品概要】 『マイティ・ソー』や「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワース主演で、9.11直後に実行されたテロとの戦い … 近作は『キャビン』『ラッシュ/プライドと友情』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ゴーストバスターズ(2016)』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観てます。, 共演にマイケル・シャノン ALL RIGHTS RESERVED. ホース・ソルジャーの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全108件。評価3.5。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 戦争アクションの領域にジェリー・ブラッカイマーが舞い戻ってきた。最近では製作本数が減少の一途をたどり寂しい限りだったが、しかし史実に基づく本作では本来の持ち味であるパワフルかつ骨太な映像力が復活。長らく機密扱いされてきた軍事作戦をこれほど巧みに映像化できたのも、『トップガン』以降ずっと育まれてきた米軍との深いつながりあってのことだろう。アフガニスタンの部族長老と兵士との絆という部分もまた、親子ほど年の離れた男どうしの熱い関係性を描き続けてきた歴代のブラッカイマー作品そのままである。兵士が馬にまたがって山岳地帯を移動し、銃器を担いだ連隊が岩陰から馬で突入していくシーンは『戦国自衛隊』のような、時代感覚を麻痺させる異様な迫力があった。この観客を呆気に取らせる熱量もまたブラッカイマーならでは。スキンヘッドの上官役フィクトナーはさながらブラッカイマー作品のハンコのような役割、といったところか。, 近年は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズをはじめファンタジー・アドベンチャー系の製作が多くなっていたジェリー・ブラッカイマーが、「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」(ともに2001年)以来久々に手がけた戦争アクション映画。観賞前、米兵12人の騎馬隊がメインなら、ブラッカイマー印とも呼ばれるド派手な戦闘、爆発シーンは描きづらいのではと思ったが、心配無用だった。彼らは反タリバン勢力200人を支援する任務のため派遣されていて、米軍の爆撃機とも連携している。敵のタリバン勢も戦車やら車載ミサイルやらを持っていて、双方でドッカンドッカンと盛大にぶっ放す。だからまあ、コピーの「12人対5万人」というのは盛りすぎでよろしくない。クリス・ヘムズワースの勇敢な知将、マイケル・シャノンとマイケル・ペーニャの個性的な隊員たち、彼らのキャラクターとやり取りでも大いに楽しませてくれる。, 実話ベースなので映画というよりドキュメンタリーに近い感じで見てしまうけど、アメリカの宿敵をやっつけた英雄を讃える、アメリカが作った映画なので色々盛ってはいるだろうし、当然のことながら偏りはあるのでしょうね。タリバンなどを擁護するつもりでは決してないのだけど、これを見てこの問題を分かったつもりにならない方がいいと思った。, 跡地に銅像が建っていたとは知らなかった、調べてみたらモデルになったODA595部隊は平均年齢32歳、本作戦の前にはウズベキスタンで特殊任務についていたそうだ。リーダーのマーク・ナッチュ大尉は映画と同様、戦闘経験が無かったようです。当初任務は撃墜され脱出したパイロットの救出だったようですが、CIAのお膳立てで反タリバンの主導者のドスタム将軍と連携して敵の本拠地を叩くと言う作戦に変えられました。主務は空爆誘導だからできたのでしょう。9.11というテロが反撃の動機でしたから単なる軍事作戦と違って兵士達のモチベーションが高かったのは分かりますが成功のカギは大尉がウズベキスタンの服務経験でロシア語が話せたこと、若い頃牧場で働いており乗馬経験があったことでしょう。結果オーライでしたがもし別のリーダーだったら「ローン・サバイバー」のレッド・ウィング作戦の二の舞だったかもしれませんね。流石に脚色でしょうが見どころは戦国武将さながら敵陣に突入する戦闘シーンでしょう、空撮の俯瞰や地表からのあおり、ハンディカメラの機動性など様々な撮影手法を駆使して迫力満点でした、それにしても槍や刀の騎馬戦ならともかく爆薬炸裂の戦闘で馬が暴れなかったのは不思議です、CG合成でしょうか・・。兵隊ものではよくある下ネタばかりの無駄話や軽率なミスも無く只管、任務遂行、重症の中尉も助かり米軍に死者が出なかった作戦と言うのも稀有でしょう、「ランボー怒りのアフガン」ほどではありませんが部族長との勇者の絆も描いて男臭さ満点、不謹慎ながら楽しめました。, 味方として美化されているドスタム将軍だが、実際は数々の極めて残虐な行為、、政敵に対する拷問、レイプ繰り返してきたとアメリカでは批判されている。そういう点を思うと見ていてあまり気分のいいものではない。, 2時間以上ありますが、前半は台詞ばかりで「タリバンこわいぞー!」と何か状況が薄っぺらく感じ、後半は単調な銃撃ばかりでとても退屈でした。イスラム国は米国政府、イスラエル、サウジアラビアが育てた事や、911が政府の自作自演だと知っている米国民も多いと思いますが、タリバン残虐!怖いよ!というストーリーでやるなら、もっとコワ面白く作って欲しいです。馬は出番は少ないですが可愛いです。「ブラックホーク・ダウン」はプロパガンダ映画とエンタメの両立が本当に上手くいったのだなあと思いましたし、同じような舞台の「ローン・サバイバー」の方が、まだ崖を頃張り続けるという特徴があって印象に残りました。, ・シンプルな勧善懲悪もの(タリバンは徹底的に悪&アメリカ万歳ッッ)・シェイプオブウォーターで悪者の指腐りおじさんを演じてた人がいい人役で出てる・騎馬隊のお陰で収束が早まったんでしょうね・仕事はスピード命なんだなぁ・お馬さんたちの演技力すごい・落馬のスタントも心配になるぐらいすごい・日本はなんて平和なんだろう。有難う日本。, 2001年9.11のあの日・・・世界貿易センタービル崩壊から始まったアルカイダVSアメリカの闘いその後タリバンの拠点殲滅の為に反タリバン勢力と協力すべくアフガニスタンに送り込まれた12名の実在するアメリカ兵たちをモデルに秘密任務をベースに描かれた映画「生きては帰れないかもしれない」陽気に振舞う彼らの死への覚悟と力強い空からの援軍(空爆)敵拠点を殲滅する度あがる歓声とガッツポーズ時折挟まれる含蓄のある言葉お約束の裏切りと和解この時代に、反タリバン勢力の200人と共に馬を操り岩山を駆け巡り敵味方共に最新兵器と同時に展開される銃撃戦「アラモ」の名を使うジョークといい戦争映画なのに悲惨さをあまり感じさせずむしろ爽快なのはなんだか西部劇のそれに似ているひとりも欠けず、戦果をあげて帰還した12名の兵助力があってこそなので映画コピーの12人VS50000人(タリバン兵)は大げさだけどアメリカ人が大好きな「ヒーロー」がここにいるちょっとアメリカ万歳すぎる気もしますがこの映画、娯楽作としてはなかなかよく出来ています非公開の実話ベースだから事実はこんなではなかったと思う出来すぎ感はあるものの、面白かったです, アルカイダのテロ後の、アフガニスタンでの奪還作戦の死闘が描かれています。激しい戦闘の中、よく球が当たらないなと思ってしまう点はありますが、この映画は将軍との掛け合いが1番のみどころかと思います。邦題と原題があまりにも違いすぎるかつダサいですね。, 9.11後のアフガン戦争に従軍した特殊部隊が、現地の反タリバン勢力と連携しながら戦う物語。事実を基にした作品のようですが、この「基」って言葉難しいですね。パーフェクトストームでも少し感じましたが、鑑賞する立場からするとリアルを凄く意識してしまい、フィクションと感じる部分があると興ざめしてしまいます。この映画は極端で、特に最後の騎馬シーンはやり過ぎに感じます。ランボーでもそんな無茶はしないのでは?という感想です。爆撃シーンを始めとした戦闘シーンの迫力、アフガニスタン軍閥リーダーの人間味や、少年兵との交流等、見どころは多くあった作品だけに残念でなりません。, 邦題『ホース・ソルジャー』とあるが、あくまでも移動、戦闘の手段が馬という。5万人vs12人は決して大袈裟ではなく、言葉も文化も状況も違う国の中に潜入し、切っ掛けを作るという意味では凄い。雪の降る程寒い山岳地帯という環境に、近代兵器と馬が共存する特異な前線。死を恐れない、死後の幸福という宗教。タリバンの拠点となる地域を壊滅させる為、反タリバンのドスタム将軍に協力を得る。外交と機密作戦を並行して行うネルソン大尉を、クリス・ヘムズワースが見事に演じている。マイケル・シャノン&マイケル・ペーニャの、Wマイケルが両脇を固める良い味付け。序盤40分での『説明、動機付け』から、クライマックスまで一気に観れる展開。緩急織り交ぜつつ、緊迫感はしっかりある。戦争映画ではあるが、大味にお互いがただ殺し合うだけではない。実話という根本に絶妙な脚本で、一つの部隊の『任務』に焦点を当てた良作。, 壮絶すぎてストーリーに入り込める。普通に考えて5万人相手に12人で立ち向かうなんて、自殺行為にしか思えないけど、母国で関係のない人達が巻き込まれた怒りからしたら大したことではなかったのかなと。最終的には現地の別の将軍も助けてくれて、勝利できたことは奇跡に近いと思うけど、アメリカの芯の強さを思い知らすことができたのではないかなと思える映画だった。, 宣伝用のビジュアル、邦題でずいぶん損してる作品。もちろん、内容は戦争アクションに間違いないが、アクション要素ばかりが先行するようなイメージを押し出しているので、敬遠する人は多いのではないか。視点はアメリカ一部隊の作戦遂行に絞っていて、この戦争におけるモラルを中途半端に問うような内容にしていないのは正解。(アメリカの自国崇拝の愚は今更わかりきっていることだから)この映画の場合、12人の兵士の任務遂行を「再現」した映画、という割り切りかたでいいと思う。ハクソーリッジのドラマ性には及ばないし、アクションとドラマの比率でいうと、なんとなくフューリーが近いかな。武器たくさん出てくるし。あと、将軍役が存在感あったな。, 個人評価:4.0馬に乗っての戦闘シーンは大変迫力があり、これが実際に行われた戦術と戦闘だと思うと鳥肌が立つ。反タリバンの部族の子供の民兵にまで強いる鉄の掟が恐ろしく、アメリカ兵とは違った覚悟を感じさせる。12人のアメリカ兵は、この戦闘の勝利で平和な家族の元に帰れるが、現地の民兵達はこの場所で、これからもさらに戦いが続くと思うと、英雄視され讃えられる彼らを横目にやり切れない思いになる。本作はエンターテイメント性もあり、非常にアメリカ的だが、911直後のアメリカの初動を伝える映画としては、とても優れている。欲を言えばイーストウッドに撮ってほしかった。, 「9・11直後に行われたテロとの戦いに身を投じたアメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の隊員たちの活躍を描いた実録戦争ドラマ」というフライヤーを見て、即劇場へ。 予想を上回るグリーンベレーの闘い方に魅入られた作品であるし、実話とは俄かに信じ難い作品でもあった。 マイケル・シャノン演じるハル・スペンサー准尉の漢気に涙し、マイケル・ペーニャ演じるサム・ディラーの熟練の技に頼もしさを感じ、家族思いのミッチ・ネルソン大尉を演じるクリス・ヘムズワースの不可能と思われる任務を全うしようとする強固な義務感にも心を動かされた作品。 ジェリー・ブラッカイマーの映画製作の手腕が十分に発揮されている作品<2019年10月29日 劇場にて鑑賞>, レンタルDVDで鑑賞。これが実話なんだから恐れ入ります…。9.11直後、反タリバンの現地勢力と組んで展開されたアメリカ陸軍の極秘作戦が胸熱の極み。というか現地の人と組んで戦っていたとは知りませんでした…指揮官同士が最初は腹の探り合いをするものの、ふたりの間に次第に生まれていく友情がええ感じ。エピローグで語られる後日談も「すげぇ…」と思いました。クライマックスの激戦にハラハラ・ドキドキ、手に汗握りまくりでした。40連射されるミサイル兵器を攻略するため騎馬隊が決死の突撃! 最高かよ!マシンガンの銃弾が飛び交い、戦車砲やミサイルが炸裂し、爆撃が雨あられと降り注ぐ現代の戦場を駆け抜ける馬…。音にビビらへんねんなぁ…よく訓練されているのでしょう。現代の戦場と馬…ミスマッチ感というかアンバランス感というか、不思議とそこにものすごい魅力を感じました。この感覚…「戦国自衛隊」を観たときに抱いたものとそっくり(笑)余談。主な出演者がヒーロー映画出演経験者なのが嬉しくて面白かったです(笑)クリス・ヘムズワース → 「マイティ・ソー」シリーズマイケル・ペーニャ → 「アントマン」シリーズマイケル・シャノン → 「マン・オブ・スティール」, 現代の戦争は空爆で叩く先制攻撃が主流。この映画を観ても馬で戦うカウボーイなんかじゃなく、座標を的確に連絡して9千メートルの上空から爆弾を落とすのが主な攻撃。壊滅状態にしてから殴り込むのだ。 ヘムズワースにしてもマイケル・ペーニャにしても、いつもの映画とは違った一面を見せてくれるが、一番光っていたのはアフガニスタン北部の軍閥ドスタム将軍だった。死なんて恐れない、仲間の死だって悲しまない、そんなユニークなキャラだったのに、彼に「アメリカが来たから勝てるぞ!」というクサい台詞は似合わない。 結局のところアメリカ万歳映画でしかないわけだが、兵士の数はともかくハイテク戦闘機とか技術面では圧倒的なのに、これだけ勇者として崇めてもいいものだろうか・・・。まぁドスタム将軍が英雄なのは理解できるが。, 実話を元にした映画ということだが、『9.11直後、敵勢5万人対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊』このコピーはいただけない。敵が5万人いたかどうかは別にしても、実際には空軍と連携しての空爆と、反タリバン勢力200人も一緒に戦ったわけで、まるで米陸軍特殊部隊12人のみで戦ったかのような、誤解が生じる表現はマズイだろう。それでも、空爆あり、ロケット砲あり、激しすぎる銃撃戦ありのド迫力の戦闘シーンは圧巻である。主人公の大尉をはじめ、勇敢で漢気溢れる12人は素直にカッコイイ。しかし、この手の映画を観ると、毎回同じことを思うのだが、たとえ大義があろうと任務であろうと、所詮戦争は人殺しに他ならない。やっぱり戦争はよくない。そして戦士にも家族がいることを忘れてはならない。妻や子供たちがどんな気持ちで、夫を、父親を送りだしているのか。どんな気持ちで帰還するのを待っているのか。出征前夜の家族とのシーンは、複雑な気持ちにさせられる。それにしても、不運にも重傷を負ったひとりを除いて、12人全員が無事帰還を果たしたのは奇跡的だとしか言いようがない。あんなに激しく銃弾が飛び交う中、ヘルメットすら被っていなかったのだから。戦争ものが嫌いでない方には、是非ご覧いただきたい作品だ。, 9.11の仕返しのため、アメリカ軍特殊部隊12名がアフガニスタンに派遣される。目標はアルカイダに協力するタリバンの幹部で、反タリバン勢力を使って殲滅しようとする。実話なので戦闘シーンの迫力は半端なく、とても怖い。, 見どころ解説・レビュー 実話から着想を得た感動サクセスストーリー! 中条あやみの熱演光る!, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 「鬼滅の刃」興行収入200億円突破! 歴代興収ランキング5位に2020年11月9日 12:12, 北川景子主演「ファーストラヴ」本予告完成 Uruが主題歌に書き下ろし曲、挿入歌に新曲を提供2020年11月9日 05:00, 永瀬正敏、「Malu 夢路」での謎の男役は「でき上がって初めて知った」2020年11月9日 12:00, 庵野秀明初監督OVA「トップをねらえ!」全6話を劇場上映 来場者特典は生コマフィルム2020年11月9日 08:00, 柳楽優弥、北斎が「鬼滅の刃」に与えた影響に驚き 田中泯は「北斎に喜んでほしい」と願いこめる2020年11月9日 18:20, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」3週目で歴代興収ランクTOP10入り、2位「罪の声」は好スタート2020年11月3日 11:00, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」興行収入200億円突破はいつ? 「千と千尋の神隠し」超えの可能性は?2020年11月5日 17:00, ショーン・コネリーさん死去 ダニエル・クレイグ、ロバート・デ・ニーロらが追悼2020年11月1日 09:30, 「鬼滅の刃」×GUコラボ、第2弾が11月下旬スタート 秋冬活躍アイテムなど販売2020年11月1日 13:30, 「鬼滅の刃」興収157億、動員1100万人を突破!2020年11月2日 12:20, 【9.11直後のグリーンベレー12人 VS 5万人のタリバンを主としたアフガ二スタン兵士達の闘い】, 北川景子主演「ファーストラヴ」本予告完成 Uruが主題歌に書き下ろし曲、挿入歌に新曲を提供, 庵野秀明初監督OVA「トップをねらえ!」全6話を劇場上映 来場者特典は生コマフィルム, 柳楽優弥、北斎が「鬼滅の刃」に与えた影響に驚き 田中泯は「北斎に喜んでほしい」と願いこめる, 【国内映画ランキング】「鬼滅の刃」3週目で歴代興収ランクTOP10入り、2位「罪の声」は好スタート, 【コラム/細野真宏の試写室日記】劇場版「鬼滅の刃」興行収入200億円突破はいつ? 「千と千尋の神隠し」超えの可能性は?, (C)2018 BY HS FILM, LLC.

岡本和真 妊娠, 1999 有馬記念, 韓国 メジャーリーガー, 将棋 速報 王位戦 リアルタイム, 天体観測 方法, 尚志高校サッカー 一年生, バニラバー 当たり 2020, 佐久間由衣 大矢部, グリーン 大学, ダブルス 二人の刑事 打ち切り, カルテット 原作本, ギガントドリラー ショベロー, ロッテリア 年 商, ミッドナイトランナー ネタバレ スコップ男, 大谷室蘭 サッカー 監督, パリーグ 安打数, 石川歩 高校, フィリーズレビュー 過去, 星野源 メディア, 京都 中学サッカー, 将棋アプリ 最強, 韓国プロ野球 外国人,

関連記事一覧