天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。「中国政府の生物兵器」説がネット上にまん延している。, 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの話題で世間は持ちきりだ。中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。, 東日本大震災後の福島原発事故でも同じことが起きたが、人々が恐怖するときには「デマ」が拡大しやすい。今回の新型コロナウイルスにもさまざまな「噂」が飛び交っているが、なかでも筆者が気になったのは、「中国軍が開発した生物兵器だ」というものだ。, 国際的な主要メディアはほとんど採り上げていないが、ネットではかなり広く拡散しており、筆者にも複数の知人から「本当か?」といった問い合わせが来ている。, それだけではない。複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。, 武漢に病原体に関する研究施設が置かれていたことがデマ情報の「それらしさ」を高める一因となった模様だ。, 筆者はかつて『生物兵器テロ』(宝島社新書、ジャーナリスト村上和巳氏との共著)という共著を上梓したことがあり、生物兵器についてかなり詳細に調査したことがある。, 世界各国の関連研究機関で研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。, 例えば、アメリカ疾病管理センター(CDC)が生物兵器使用危険度リストの「カテゴリーA(最優先病原体)」にリストアップしているのは、以下のものだ。, 天然痘ウイルス、炭疽菌、ペスト菌、ボツリヌス毒素、ツラレミア(野兎病)菌、ウイルス性出血熱(エボラ、マールブルグ、ラッサ熱、アルゼンチン出血熱)など, また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。, Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など, さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。, いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。まったく研究されてこなかったということはないだろうが、現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。, 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。, もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。, しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。, ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。, タイトルがものすごく長いのだが、「中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。アメリカのバイオセーフティ専門家は2017年、同施設からのウイルス流出の可能性を警告。新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。, デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。, 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。, そこで引用されているのが、世界的に権威ある科学誌ネイチャーが2017年2月に掲載した「世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究施設の内幕」という記事だ。, デイリー・メールは、信頼性の高い専門誌でも紹介された施設が武漢に存在することを指摘し、「現時点では、この施設が今回の感染拡大と関係があると疑う理由はない」という専門家の意見を紹介した上で、同施設で行われた動物実験が流出に関係している可能性を否定することはできないとの見方を提示したにすぎない。, また、同じく英タブロイド紙デイリー・スターも似たような記事を同日掲載している。「コロナウイルスは世界で最も致命的な疾患のための秘密研究施設で始まったとの指摘」との記事だが、同紙はその後、その疑惑には根拠はなかったとして立場を修正。「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。, その後さらに直接的な疑惑を提示したのが、米紙ワシントン・タイムズだ。「ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。, 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。しかし、記事を執筆したビル・ガーツ記者は、右派つながりでアメリカの情報機関に太い人脈を持ち、安全保障分野の内幕ストーリーでは実績のあるベテラン記者だ。, ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「武漢病毒研究所」で、もう1つは「武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。, だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。, ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。, なお、同記事で疑惑を証言しているのは、イスラエルの生物兵器専門家であるダニー・ショーハム氏。, ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。, しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。, なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙ワシントン・ポストの取材を拒否している。, さらに、米誌フォーリン・ポリシーは、1月29日付の記事「武漢のウイルスは研究施設でつくられた生物兵器ではない~陰謀論はコロナウイルスよりも速く拡散する」で、中国の生物兵器研究開発疑惑を完全否定している。, 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」とのトンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。, もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。疑惑を断定していない。, 要するに、訂正文という形で立場を翻したデイリー・スターでなくとも、デイリー・メールもワシントン・タイムズも、デマどころか、もともとそれほど断定的な内容でもなかったわけだ。, ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。, 新型コロナウイルス生物兵器説は、典型的なフェイク情報拡散の仕組みで誕生した、根拠なき陰謀論である。何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。, 黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 旭川実業 サッカー 下宿, ジャパンカップ 史, おじさまと猫 気持ち悪い, ダーウィンが来た オン デマンド, エリザベス女王杯 2020賞金, 天体観測 ギター 本数, ロッテ ソフトバンクに強い, エリザベス女王杯 枠順, ベトナム戦争 株価, レディースチャレンジカップ 2019, 韓国プロ野球 試合結果, 岡崎慎司 愛車, トイザらス 閉店 桶川, 嵯峨野高等学校 こすもす科, 麻布中学 サッカー部, Amazon Nhkオンデマンド キャンセル, スクール ウォーズ モナ王, 長谷部誠 努力, 札幌ダーツ 大会, オヌール 馬, 警視庁 捜査資料管理室 最終回, 高校サッカー 千葉 決勝トーナメント, フェニックス 新在家 口コミ, 懸賞当選 ブログ てい ん, 目黒記念 2018 結果, コウノドリ 3 主題歌, 厚木 グリーン歯科 評判, ...">
天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。「中国政府の生物兵器」説がネット上にまん延している。, 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの話題で世間は持ちきりだ。中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。, 東日本大震災後の福島原発事故でも同じことが起きたが、人々が恐怖するときには「デマ」が拡大しやすい。今回の新型コロナウイルスにもさまざまな「噂」が飛び交っているが、なかでも筆者が気になったのは、「中国軍が開発した生物兵器だ」というものだ。, 国際的な主要メディアはほとんど採り上げていないが、ネットではかなり広く拡散しており、筆者にも複数の知人から「本当か?」といった問い合わせが来ている。, それだけではない。複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。, 武漢に病原体に関する研究施設が置かれていたことがデマ情報の「それらしさ」を高める一因となった模様だ。, 筆者はかつて『生物兵器テロ』(宝島社新書、ジャーナリスト村上和巳氏との共著)という共著を上梓したことがあり、生物兵器についてかなり詳細に調査したことがある。, 世界各国の関連研究機関で研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。, 例えば、アメリカ疾病管理センター(CDC)が生物兵器使用危険度リストの「カテゴリーA(最優先病原体)」にリストアップしているのは、以下のものだ。, 天然痘ウイルス、炭疽菌、ペスト菌、ボツリヌス毒素、ツラレミア(野兎病)菌、ウイルス性出血熱(エボラ、マールブルグ、ラッサ熱、アルゼンチン出血熱)など, また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。, Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など, さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。, いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。まったく研究されてこなかったということはないだろうが、現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。, 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。, もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。, しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。, ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。, タイトルがものすごく長いのだが、「中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。アメリカのバイオセーフティ専門家は2017年、同施設からのウイルス流出の可能性を警告。新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。, デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。, 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。, そこで引用されているのが、世界的に権威ある科学誌ネイチャーが2017年2月に掲載した「世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究施設の内幕」という記事だ。, デイリー・メールは、信頼性の高い専門誌でも紹介された施設が武漢に存在することを指摘し、「現時点では、この施設が今回の感染拡大と関係があると疑う理由はない」という専門家の意見を紹介した上で、同施設で行われた動物実験が流出に関係している可能性を否定することはできないとの見方を提示したにすぎない。, また、同じく英タブロイド紙デイリー・スターも似たような記事を同日掲載している。「コロナウイルスは世界で最も致命的な疾患のための秘密研究施設で始まったとの指摘」との記事だが、同紙はその後、その疑惑には根拠はなかったとして立場を修正。「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。, その後さらに直接的な疑惑を提示したのが、米紙ワシントン・タイムズだ。「ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。, 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。しかし、記事を執筆したビル・ガーツ記者は、右派つながりでアメリカの情報機関に太い人脈を持ち、安全保障分野の内幕ストーリーでは実績のあるベテラン記者だ。, ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「武漢病毒研究所」で、もう1つは「武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。, だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。, ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。, なお、同記事で疑惑を証言しているのは、イスラエルの生物兵器専門家であるダニー・ショーハム氏。, ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。, しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。, なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙ワシントン・ポストの取材を拒否している。, さらに、米誌フォーリン・ポリシーは、1月29日付の記事「武漢のウイルスは研究施設でつくられた生物兵器ではない~陰謀論はコロナウイルスよりも速く拡散する」で、中国の生物兵器研究開発疑惑を完全否定している。, 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」とのトンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。, もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。疑惑を断定していない。, 要するに、訂正文という形で立場を翻したデイリー・スターでなくとも、デイリー・メールもワシントン・タイムズも、デマどころか、もともとそれほど断定的な内容でもなかったわけだ。, ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。, 新型コロナウイルス生物兵器説は、典型的なフェイク情報拡散の仕組みで誕生した、根拠なき陰謀論である。何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。, 黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 旭川実業 サッカー 下宿, ジャパンカップ 史, おじさまと猫 気持ち悪い, ダーウィンが来た オン デマンド, エリザベス女王杯 2020賞金, 天体観測 ギター 本数, ロッテ ソフトバンクに強い, エリザベス女王杯 枠順, ベトナム戦争 株価, レディースチャレンジカップ 2019, 韓国プロ野球 試合結果, 岡崎慎司 愛車, トイザらス 閉店 桶川, 嵯峨野高等学校 こすもす科, 麻布中学 サッカー部, Amazon Nhkオンデマンド キャンセル, スクール ウォーズ モナ王, 長谷部誠 努力, 札幌ダーツ 大会, オヌール 馬, 警視庁 捜査資料管理室 最終回, 高校サッカー 千葉 決勝トーナメント, フェニックス 新在家 口コミ, 懸賞当選 ブログ てい ん, 目黒記念 2018 結果, コウノドリ 3 主題歌, 厚木 グリーン歯科 評判, ..." />
天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。「中国政府の生物兵器」説がネット上にまん延している。, 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの話題で世間は持ちきりだ。中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。, 東日本大震災後の福島原発事故でも同じことが起きたが、人々が恐怖するときには「デマ」が拡大しやすい。今回の新型コロナウイルスにもさまざまな「噂」が飛び交っているが、なかでも筆者が気になったのは、「中国軍が開発した生物兵器だ」というものだ。, 国際的な主要メディアはほとんど採り上げていないが、ネットではかなり広く拡散しており、筆者にも複数の知人から「本当か?」といった問い合わせが来ている。, それだけではない。複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。, 武漢に病原体に関する研究施設が置かれていたことがデマ情報の「それらしさ」を高める一因となった模様だ。, 筆者はかつて『生物兵器テロ』(宝島社新書、ジャーナリスト村上和巳氏との共著)という共著を上梓したことがあり、生物兵器についてかなり詳細に調査したことがある。, 世界各国の関連研究機関で研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。, 例えば、アメリカ疾病管理センター(CDC)が生物兵器使用危険度リストの「カテゴリーA(最優先病原体)」にリストアップしているのは、以下のものだ。, 天然痘ウイルス、炭疽菌、ペスト菌、ボツリヌス毒素、ツラレミア(野兎病)菌、ウイルス性出血熱(エボラ、マールブルグ、ラッサ熱、アルゼンチン出血熱)など, また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。, Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など, さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。, いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。まったく研究されてこなかったということはないだろうが、現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。, 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。, もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。, しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。, ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。, タイトルがものすごく長いのだが、「中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。アメリカのバイオセーフティ専門家は2017年、同施設からのウイルス流出の可能性を警告。新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。, デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。, 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。, そこで引用されているのが、世界的に権威ある科学誌ネイチャーが2017年2月に掲載した「世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究施設の内幕」という記事だ。, デイリー・メールは、信頼性の高い専門誌でも紹介された施設が武漢に存在することを指摘し、「現時点では、この施設が今回の感染拡大と関係があると疑う理由はない」という専門家の意見を紹介した上で、同施設で行われた動物実験が流出に関係している可能性を否定することはできないとの見方を提示したにすぎない。, また、同じく英タブロイド紙デイリー・スターも似たような記事を同日掲載している。「コロナウイルスは世界で最も致命的な疾患のための秘密研究施設で始まったとの指摘」との記事だが、同紙はその後、その疑惑には根拠はなかったとして立場を修正。「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。, その後さらに直接的な疑惑を提示したのが、米紙ワシントン・タイムズだ。「ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。, 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。しかし、記事を執筆したビル・ガーツ記者は、右派つながりでアメリカの情報機関に太い人脈を持ち、安全保障分野の内幕ストーリーでは実績のあるベテラン記者だ。, ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「武漢病毒研究所」で、もう1つは「武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。, だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。, ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。, なお、同記事で疑惑を証言しているのは、イスラエルの生物兵器専門家であるダニー・ショーハム氏。, ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。, しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。, なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙ワシントン・ポストの取材を拒否している。, さらに、米誌フォーリン・ポリシーは、1月29日付の記事「武漢のウイルスは研究施設でつくられた生物兵器ではない~陰謀論はコロナウイルスよりも速く拡散する」で、中国の生物兵器研究開発疑惑を完全否定している。, 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」とのトンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。, もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。疑惑を断定していない。, 要するに、訂正文という形で立場を翻したデイリー・スターでなくとも、デイリー・メールもワシントン・タイムズも、デマどころか、もともとそれほど断定的な内容でもなかったわけだ。, ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。, 新型コロナウイルス生物兵器説は、典型的なフェイク情報拡散の仕組みで誕生した、根拠なき陰謀論である。何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。, 黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 旭川実業 サッカー 下宿, ジャパンカップ 史, おじさまと猫 気持ち悪い, ダーウィンが来た オン デマンド, エリザベス女王杯 2020賞金, 天体観測 ギター 本数, ロッテ ソフトバンクに強い, エリザベス女王杯 枠順, ベトナム戦争 株価, レディースチャレンジカップ 2019, 韓国プロ野球 試合結果, 岡崎慎司 愛車, トイザらス 閉店 桶川, 嵯峨野高等学校 こすもす科, 麻布中学 サッカー部, Amazon Nhkオンデマンド キャンセル, スクール ウォーズ モナ王, 長谷部誠 努力, 札幌ダーツ 大会, オヌール 馬, 警視庁 捜査資料管理室 最終回, 高校サッカー 千葉 決勝トーナメント, フェニックス 新在家 口コミ, 懸賞当選 ブログ てい ん, 目黒記念 2018 結果, コウノドリ 3 主題歌, 厚木 グリーン歯科 評判, ..." /> 化学兵器 テロ

BLOG

ブログ

第5回 中毒は日本の医師でも診断が難しいという現実. 外科医. cbrnテロはどのようにして行われますか? 普段はどのような備えが必要ですか? cbrnテロ対策の各論: 1.化学兵器テロ: 化学剤の種類や使用方法及び人体への影響には、どのようなものがありますか? 化学テロが行われたことは、どうやって分かりますか? 線テロ(小型核兵器)があ る。 2.B(biological, 感染症、生 物剤)災害には、自然流 行とバイオテロ(生物剤攻 撃を含む)がある。 3.C(chemical, 化学物質、化 学剤)災害には、事故と化 学剤テロ(化学物質テロを 含む)がある。 ダーティー爆弾(dirty bomb) 生物化学兵器による攻撃・テロ対策としての「緊急事態条項」と「私権の制限」,陳情・ロビー活動を目指す同志のための、保守系政治ブログ . 中国・北京で新型コロナウイルスの消毒作業を行うスタッフ。「中国の生物兵器」「自作自演」的な陰謀論はなかなか消えない。, 新型コロナウイルスに関するデマのなかに、「中国が密かにつくった生物兵器説」があり、陰謀論系サイト経由でそれが拡散されてきたことを、前回記事で説明した。, ひとつは、中国・武漢にきわめて高度な病原体研究施設があるということ。それは事実だ。, もうひとつは、新型コロナウイルスが人工ウイルスだとする、インドの研究チームによる論文。しかし、論文は「誤解されて伝わった」ことを理由に取り下げられ、その内容については世界の専門家たちにより否定されたことを、前回記事で書いた。, 人工ウイルスでないのなら、誰かがつくった生物兵器でないことにもなる。あらためて中国生物兵器説も否定されたわけだ。, ただ、今回の新型コロナウイルスが本当はどこで発生したのか、その「起源」は具体的に明らかになっていない。そのため、武漢の病原体研究施設について中国が全面的に情報開示しなければ、研究施設で偶然に発生したものが漏洩した可能性を完全否定することはできない。, だが、研究施設からの漏洩を決定づける具体的な情報があるわけではないから、漏洩説は単なる想像にすぎない。また、ウイルスが偶然に変異したとすれば、それが研究施設内で起きた可能性は、自然界で起きた可能性より圧倒的に低い。, 科学的根拠のない話をいくら論じてみても仕方のないところだが、それにしても生物兵器説というフェイク情報はなかなか消えてなくならない。なぜなのか。実際にはどんな拡散経路が存在するのか。前回記事よりさらに深掘りしてみたい(細かな陰謀論は無数にあるので割愛する)。, 1月半ばから英米メディアなどで浮上してきた生物兵器説の誤謬については、前々回記事ですでに検証した。, 次に、冒頭でも紹介したように、短時間公開されたインドの研究チームの論文が人工ウイルス説の根拠として使われた。, 具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。, この論文を「隠された真実だ」として、アメリカの陰謀論サイトが大々的に拡散。とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した。ここまでが前回記事で書いたことだ。, CDC/Hannah A Bullock and Azaibi Tamin/Handout via REUTERS, これらの動きのなかで特徴的だったのは、陰謀論サイトだけではなく、反中国派による政治的プロパガンダにも使われたことだ。, 例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。郭文貴氏がこのとき引用したのは、中国の親人民解放軍系民間軍事サイト「西陸網」だった。, 西陸網は1月26日に「新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。, ちなみにこのとき、「西陸網は人民解放軍の公式サイトなので、(生物兵器であることを)軍が公式に認めたことになる」とのフェイク情報も同時に拡散されている。, 「中国人だけに作用する」などと記していることだけでもフェイクと分かりそうなものだが、こんな子どもだましの言説も、ネット上ではそれなりに広く流布した。, ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。, 2月9日、法輪功がアメリカで運営する中国語衛星テレビ「新唐人」が、「新型コロナウイルスは人工ウイルスの可能性が高いことを証明した」という中国人科学者のインタビューを放送した。反中国の法輪功お抱えメディアの情報というだけで一歩引いてみるべきところだが、こちらも日本国内を含む反中勢力に拡散した。, この法輪功のテレビ番組に登場したのは、バイオテクノロジー企業サンリージェン(SunRegen Healthcare AG、スイス)の最高科学責任者(CSO)兼共同創業者、董宇紅氏という感染症研究者。中国出身で、北京大学附属第一医院に勤務した経歴があるという。, 董宇紅氏は、前述したインドの研究チームによる誤った査読前論文と、中国科学院パスツール研究所の崔傑研究員の論文を参考にしてインタビューに答えているが、メインは前者だ。, 健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。, また、彼女は同じインタビューのなかで、アメリカの民間研究機関(The Institute for Pure and Applied Knowledge)の創設者であるジェームズ・リヨンズウェイラー氏がインターネット番組(1月30日)で主張した「遺伝子操作の痕跡が見つかった」という説も引用しているが、この主張もすでに専門家によって誤りであることが証明されている。, (参考)リヨンズウェイラー氏の主張の誤りを検証したサイト ▽https://sciencebasedmedicine.org/james-lyons-weiler-coronavirus-conspiracy-vaccine/, ▽https://healthfeedback.org/claimreview/2019-novel-coronavirus-2019-ncov-does-not-contain-pshuttle-sn-sequence-no-evidence-that-virus-is-man-made/, ちなみに、リヨンズウェイラー氏が登場したインターネット番組は、反ワクチン活動(=ワクチンの接種を拒否する運動)でトラブルを起こしたことがある映像プロデューサーのデル・ビッグツリー氏がつくる番組だ。, 法輪功で董宇紅氏が行った主張は、世界のウイルス研究者たちにはまったく相手にされなかったが、それでも世界の反中国勢力の間では、その後もしばらく引用され続けた。, なお、董宇紅氏について過去の言動を検索してみたところ、法輪功のメディア「大紀元」のインタビュー記事(2016年6月10日)に登場しており、「法輪功の気功は末期がん患者に延命効果がある」と発言している。つまりはそういう人物だ。, ちなみに「大紀元」はその後、米イリノイ大学のフランシス・ボイル教授が「中国の生物兵器だ」と語ったことも生物兵器説の根拠としている。これは「地政学と帝国」というサイトに投稿されたインタビュー映像(1月30日)を指す。, ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。, FOXニュースに対し「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。証拠はないが」と発言したトム・コットン上院議員(右下)。, さらに、陰謀論系の人工ウイルス説はインターネット上にとどまらず、アメリカ政界にまで波及した。お騒がせ議員として知られる共和党のトム・コットン上院議員がFOXニュース(2月16日)に出演し、「武漢のウイルス研究施設から流出したものである可能性がある。証拠はないが」と発言したのだ。, 議員発言の直後より、ウイルス研究者たちから異論が噴出した。例えば、ラトガース・ニュージャージー州立大学のリチャード・エブライト教授は「人工的につくられたことを示す痕跡は皆無であり、意図的に開発された生物兵器である可能性は、強く排除できる」と断言した(ワシントン・ポスト、2月18日)。, 研究者らの批判に対し、コットン議員は「自分は生物兵器だとは言っていない」と反論。ただ「研究施設から漏れた可能性は否定できない」と主張している。, 日本では3月8日頃から、いくつかのメディアに、アメリカの生物兵器専門家の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏が登場し、中国の生物兵器説の可能性に言及した。, 杜祖健氏は生物毒の専門家で、過去には米軍の顧問を務めたこともある。とくにアメリカの生物兵器対策の実情に詳しい専門家で、筆者の『生物兵器テロ』(ジャーナリスト村上和巳氏との共著、2002年)でも同氏にインタビューを行っている。, 杜祖健氏は、すでに世界の専門家たちに否定されている人為的な遺伝子操作という説が「存在する」と言及しているが、それを紹介する日本のメディアでは、彼が人工ウイルス説を主張しているかのように伝えられた。, それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。, 新型コロナウイルスが人工ウイルスという説は、専門家によってすべて否定されている(文末文献参照)。, 否定された情報を丹念に検証してみると、最初からバイアスがかかっていたり、意図的な印象操作だったり、科学レベル的に不足していたりすることが見えてくる。, 今回の新型コロナウイルスについては、未知の病原体だったことや、パンデミック(世界的大流行)によりパニック状態に陥ったために、大手メディアも含めて不正確な情報がいくつも飛び交っている。, 単一の情報源を鵜呑みにすることなく、さまざまな手法で情報をクロスチェックし、信頼度の低い情報をノイズとして保留または削除していく作業が、今後も重要になってくる。, 「COVID-19と闘う中国の科学者、公衆衛生専門家、医療専門家への支持声明」(The Lancet/February 19, 2020), (Military Medical Research/13 March 2020), 黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。, 新型コロナ「アメリカ起源説」「中国生物兵器説」は両方デマ。発信源は2つの有名陰謀論サイトだった, https://sciencebasedmedicine.org/james-lyons-weiler-coronavirus-conspiracy-vaccine/, https://healthfeedback.org/claimreview/2019-novel-coronavirus-2019-ncov-does-not-contain-pshuttle-sn-sequence-no-evidence-that-virus-is-man-made/, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 2020年02月03 「化学テロ等発生時の多数傷病者対応(病院前)に関する研究」 分担研究者 ... を⼤量破壊兵器への指定を検討中 欧⽶でのオピオイドのテロ利⽤の危機感の表れであり、 国際的大規模イベントを控えた本邦でも、早急な対応策の検討が必要 14. 2017年4月18日. 化学兵器(かがくへいき)とは、毒ガスなどの毒性化学物質により、人や動植物に対して被害を与えるため使われる兵器のこと。化学兵器禁止条約では、毒性化学物質の前駆物質や、それを放出する弾薬・装置も含むものとしている。リシンや細菌毒素などの生物由来の毒性物質を用いる場合は、化学兵器ではなく生物兵器に分類されることが多い。 15種をご紹介する前に、「化学兵器」そのものについて少し触れておきましょう。 そもそも「化学兵器」とはどういうものか? 化学兵器の廃絶をめざし1997年4月に発効された「化学兵器の開発、生産、貯蔵および使用並びに廃棄に関する条約(通称:化学兵器禁止条約)」では、以下のように記されています。 引用:外務省HP https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bwc/cwc/jyoyaku/pdfs/05.pdfより抜粋 少々難解な表現方法をしていますが、要するにまとめると「毒性をもった化学物質を利用し、その特性に … 地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)は、1995年(平成7年)3月20日に東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん) 。日本国外では「英:Tokyo Attack」と呼ばれることがある 。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。 中山 祐次郎.

天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。「中国政府の生物兵器」説がネット上にまん延している。, 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの話題で世間は持ちきりだ。中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。, 東日本大震災後の福島原発事故でも同じことが起きたが、人々が恐怖するときには「デマ」が拡大しやすい。今回の新型コロナウイルスにもさまざまな「噂」が飛び交っているが、なかでも筆者が気になったのは、「中国軍が開発した生物兵器だ」というものだ。, 国際的な主要メディアはほとんど採り上げていないが、ネットではかなり広く拡散しており、筆者にも複数の知人から「本当か?」といった問い合わせが来ている。, それだけではない。複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。, 武漢に病原体に関する研究施設が置かれていたことがデマ情報の「それらしさ」を高める一因となった模様だ。, 筆者はかつて『生物兵器テロ』(宝島社新書、ジャーナリスト村上和巳氏との共著)という共著を上梓したことがあり、生物兵器についてかなり詳細に調査したことがある。, 世界各国の関連研究機関で研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。, 例えば、アメリカ疾病管理センター(CDC)が生物兵器使用危険度リストの「カテゴリーA(最優先病原体)」にリストアップしているのは、以下のものだ。, 天然痘ウイルス、炭疽菌、ペスト菌、ボツリヌス毒素、ツラレミア(野兎病)菌、ウイルス性出血熱(エボラ、マールブルグ、ラッサ熱、アルゼンチン出血熱)など, また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。, Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など, さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。, いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。まったく研究されてこなかったということはないだろうが、現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。, 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。, もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。, しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。, ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。, タイトルがものすごく長いのだが、「中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。アメリカのバイオセーフティ専門家は2017年、同施設からのウイルス流出の可能性を警告。新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。, デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。, 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。, そこで引用されているのが、世界的に権威ある科学誌ネイチャーが2017年2月に掲載した「世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究施設の内幕」という記事だ。, デイリー・メールは、信頼性の高い専門誌でも紹介された施設が武漢に存在することを指摘し、「現時点では、この施設が今回の感染拡大と関係があると疑う理由はない」という専門家の意見を紹介した上で、同施設で行われた動物実験が流出に関係している可能性を否定することはできないとの見方を提示したにすぎない。, また、同じく英タブロイド紙デイリー・スターも似たような記事を同日掲載している。「コロナウイルスは世界で最も致命的な疾患のための秘密研究施設で始まったとの指摘」との記事だが、同紙はその後、その疑惑には根拠はなかったとして立場を修正。「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。, その後さらに直接的な疑惑を提示したのが、米紙ワシントン・タイムズだ。「ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。, 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。しかし、記事を執筆したビル・ガーツ記者は、右派つながりでアメリカの情報機関に太い人脈を持ち、安全保障分野の内幕ストーリーでは実績のあるベテラン記者だ。, ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「武漢病毒研究所」で、もう1つは「武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。, だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。, ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。, なお、同記事で疑惑を証言しているのは、イスラエルの生物兵器専門家であるダニー・ショーハム氏。, ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。, しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。, なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙ワシントン・ポストの取材を拒否している。, さらに、米誌フォーリン・ポリシーは、1月29日付の記事「武漢のウイルスは研究施設でつくられた生物兵器ではない~陰謀論はコロナウイルスよりも速く拡散する」で、中国の生物兵器研究開発疑惑を完全否定している。, 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」とのトンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。, もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。疑惑を断定していない。, 要するに、訂正文という形で立場を翻したデイリー・スターでなくとも、デイリー・メールもワシントン・タイムズも、デマどころか、もともとそれほど断定的な内容でもなかったわけだ。, ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。, 新型コロナウイルス生物兵器説は、典型的なフェイク情報拡散の仕組みで誕生した、根拠なき陰謀論である。何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。, 黒井文太郎(くろい・ぶんたろう):福島県いわき市出身。横浜市立大学国際関係課程卒。『FRIDAY』編集者、フォトジャーナリスト、『軍事研究』特約記者、『ワールド・インテリジェンス』編集長などを経て軍事ジャーナリスト。取材・執筆テーマは安全保障、国際紛争、情報戦、イスラム・テロ、中東情勢、北朝鮮情勢、ロシア問題、中南米問題など。NY、モスクワ、カイロを拠点に紛争地取材多数。, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 開設から数時間で1000件以上の通報…… 香港警察、市民に国家安全維持法の違反を密告してもらうホットラインを立ち上げ, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved.

旭川実業 サッカー 下宿, ジャパンカップ 史, おじさまと猫 気持ち悪い, ダーウィンが来た オン デマンド, エリザベス女王杯 2020賞金, 天体観測 ギター 本数, ロッテ ソフトバンクに強い, エリザベス女王杯 枠順, ベトナム戦争 株価, レディースチャレンジカップ 2019, 韓国プロ野球 試合結果, 岡崎慎司 愛車, トイザらス 閉店 桶川, 嵯峨野高等学校 こすもす科, 麻布中学 サッカー部, Amazon Nhkオンデマンド キャンセル, スクール ウォーズ モナ王, 長谷部誠 努力, 札幌ダーツ 大会, オヌール 馬, 警視庁 捜査資料管理室 最終回, 高校サッカー 千葉 決勝トーナメント, フェニックス 新在家 口コミ, 懸賞当選 ブログ てい ん, 目黒記念 2018 結果, コウノドリ 3 主題歌, 厚木 グリーン歯科 評判,

関連記事一覧