BLOG

ブログ

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての, 右の本格派で、MAX149キロのストレートが魅力である。変化球のキレも良く、先発投手として期待できる。即戦力右腕である, スピード感あふれるプレースタイルはアマチュア球界屈指。脚力は特Aクラスである。打撃も実践的でミート力が高く、将来の1、2番候補として期待, 最速148キロのスピードボールが魅力の琉球の大魔神。我流の投球フォームながらクイックは1秒を切る。将来性抜群の素材, 走攻守においてセンスを感じさせる選手。打撃においてはリストが強く、長打力がある。遊撃の守備においてはスローイングに安定感があり堅実な守りができる。クレバーな選手である, 投球に力強さがあり、しっかりと腕が振れる大型右腕。伸びしろを感じさせる、鍛えがいのある投手, 左腕からのクロスファイアを武器に、切れ味鋭いスライダー・シュートでローテーションの一角を狙う, 球種、コースに関係なくフルスイングできる打撃が特長。身体能力が高く、シャープな動きができる選手である. 今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。 ドラフト会議2015、読売ジャイアンツのドラフトを掲載。- 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 ドラフト直後の採点は当たったか? 2015年を検証、低評価だった阪神と巨人はどうなった. ?」突然浮上してきた未知の名前に俄に戸惑ったのでした。, 【巨人】オコエ外れた!ドラ1候補に立命大・桜井が急浮上(2015年10月21日  スポーツ報知), 巨人のドラフト1位候補として、立命大の最速150キロ右腕・桜井俊貴投手(22)が急浮上したことが20日、明らかになった。この日、22日のドラフト会議に向け、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開催。球団は即戦力の投手獲得を最優先としており、候補は仙台大・熊原、大商大・岡田と実質3人に絞られている模様。最終決定はドラフト当日だが、現状では桜井が一歩リードしているとみられる。, 運命のドラフト会議まであと2日。スカウト陣は候補選手の映像をチェックし、詰めの意見交換を行った。「最終的にはあさって(当日)に決まる。現段階では1位は決まっていない」と山下哲治スカウト部長は慎重に言いつつ、残った7人の1位候補を並べた。その中でいの一番に名前を挙げたのが桜井だった。, 桜井は兵庫・北須磨高では甲子園経験こそないが、立命大で本領発揮。MAX150キロのストレートを武器に、この秋の関西学生野球のリーグ戦では6戦6勝。14日の関大戦では巨人のスカウト5人が見守る中で延長14回完投勝利を挙げ、一気に評価を上げた。「秋のリーグ戦で内容がよかったからね。魅力は? 直球のキレ、制球。投球が安定している」と山下部長も絶賛の逸材だ。, 今季2位に終わった巨人は戦力の底上げが急務で、ドラフトでは即戦力投手を最優先とする方針。先発陣は今季、菅野が10勝、高木勇が9勝を挙げたものの、若手の台頭に乏しかった。マイコラス(13勝)やポレダ(8勝)ら助っ人に負う部分が大きかったが、来季残留は未定。内海がここ2年不振で、杉内も右股関節の手術で来季開幕は厳しいことからも、先発ローテを張れる投手の獲得に踏み切ることになりそうだ。, 山下部長は桜井の他、熊原、岡田、東海大相模・小笠原、富士大・多和田、明大・高山、青学大・吉田の名を挙げた。実質的には桜井、熊原、岡田の3人が最終候補とみられ、中でも急成長中の桜井が一歩リードの模様だ。また投手優先の中、将来性を評価してきた関東第一・オコエは外れ「(1位を)外したときに残っていれば多少考える」との評価にとどめた。, 原監督の勇退で、指揮官不在のドラフト。未来を担う逸材を求め、ギリギリまで熟考を重ねる。, 桜井の名前が急浮上したのは熊原にGOサインを出せなかった直後のこと、関西学生野球リーグの関西大戦に登板した桜井が一世一代の投球をしたことに依るようです。下級生の頃から巨人のスカウトは桜井のことをマークしていたようですが、熊原に疑問符が付き、誰にしようか思案しているところに桜井は快投を演じたのです。桜井は後に神宮大会の東北福祉大戦で、大会タイ記録となる18奪三振の完封勝利を挙げるのですが、このスカウトたちの前で投球した関西大とのリーグ戦は、その神宮大会の快投よりも上の出来だったと桜井本人が語っています。なんでも延長の14回、200球以上を1人で投げ抜き、最速は自己新の150キロ超えを果たしたとか。神宮大会の東北福祉大戦も痺れてしまうような快投でしたが、それを上回る投球ということでしたら、スカウトたちが指名方針を変更してしまうことも仕方がないのかもしれません。, かくして桜井の1位指名の方針は決まったと思われるのですが、ドラフト当日になって桜井にロッテと阪神が1位入札するのではないかという一部記事が躍ります。ロッテとは一昨年、クジで石川を競合し負けています。その当時のドラフトでは「年齢の行った石川(当時すでに25歳)を1位指名するとはなんて夢の無い。クジに敗れてもちっとも悔しくない!」そんなことを思ったのでしたが、その石川がプロ入りすると、二年連続で二桁勝利をあげたのです。巨人のスカウトもロッテのスカウトも眼力は確かだったのです。そのパターンなら、今度の桜井も悪くはない素材なのかもしれない。少しずつこの方針を受け入れる気持ちになって行ったのでした。, 1    桜井 俊貴     22歳[兵庫] 181cm 82kg  投手(右・右) 北須磨高ー立命館大, 2    重信   慎之介  22歳[京都] 173cm 70kg  外野(右・左) 早実高ー早稲田大, 3    與那原   大剛  17歳[沖縄] 190cm 89kg  投手(右・右) 普天間高, 4    宇佐見 真吾  22歳[千葉] 181cm 87kg  捕手(右・左) 市立柏高ー城西国際大, 5    山本 泰寛     22歳[東京] 176cm 76kg  内野(右・右) 慶応高ー慶応大, 6    巽 大介    22歳[鳥取] 183cm 84kg  投手(左・左) 岩倉高, 7    中川 皓太   21歳[沖縄] 183cm 83kg  投手(左・左) 山陽高ー東海大, 8    松崎 啄也   23歳[栃木] 174cm 90kg  捕手(右・左) 作新学院高ー作新学院大ー日本製紙石巻, 1    増田 大輝     22歳[徳島] 172cm 65kg  内野(右・右) 小松島高―近畿大中退ー四国IL徳島, 2    小林 大誠     21歳[青森] 180cm 82kg  捕手(右・左) 八戸学院野辺地西高―青森中央学院大中退ーBC富山ーBC武蔵, 3    松沢 裕介   23歳[愛知] 181cm 83kg  外野(左・左) 誉高―朝日大ー四国IL香川, 4    田島 洸成     19歳[埼玉] 175cm 78kg  内野(右・左) 帝京高ーBC武蔵, 5    大竹 秀義     27歳[埼玉] 180cm 87kg  投手(右・右) 春日部共栄高ーBC信濃ーBC富山ージャンバーグブーマーズーBC武蔵, 6    山下 篤郎     17歳[熊本] 178cm 82kg  投手(左・左) 鎮西高, 7    矢島 陽平     25歳[埼玉] 179cm 82kg  投手(右・右) 進修高―駿河台大ー関西L神戸ー福井ーBC武蔵, 8    長谷川 潤     24歳[東京] 186cm 74kg  投手(右・右) 成立学園高―金沢学院大ーBC石川, ドラフト会議で巨人は実に16名の大量指名です。これは2006年と並んで過去最多タイとのことです。2006年は第二の2軍がスタートするということで高校生ドラフトで3名、大社ドラフトで7名、育成ドラフトで7名が指名されたのです。その中から坂本、寺内、金刃、松本哲、隠善など、多士済々な戦力が生まれました。昨年は何しろ本指名で4名しか指名をしませんでした。周りから「やる気があるのか」などと不評を託いましたが、その通り、指名しないことには戦力になる確立も上がりません。今年は左右の投手から内外野まで非常にバランスの取れた指名をしています。高校生が少ないことが不満と言えば不満ですが、こと指名人数に関しては積極的で良いことだと思いました。, しかし、指名された面々を見てみるとアマ野球に疎い私にとっては聞いたことの無い名前ばかり。「誰だよそいつ?

(C) 2017 LUXEYS, LTD. All Rights Reserved. 読売ジャイアンツに魅せられて25年。プロ野球界の発展のため、巨人軍は常に最強でいてほしいと願う大阪在住の二児のパパです。, 投稿日:2020年1月31日 更新日:2020年1月30日, 毎年開催されるドラフト会議は、プロ野球選手にとって初めて通る関門ですが、その年のドラフト戦略が未来のチームの根幹を作る事になります。, 一年間ペナントレースを戦い抜いて出てきた弱点を的確に補強し、将来のチーム像を描くのに重要なドラフトは、その年の人気選手を獲得できるか?も重要ですが、下位指名でも戦力になりうる選手を獲得できるか?こそ、チームの底上げには重要です。, まもなく春季キャンプを迎えますが、昨年のドラフト選手の中から何人の選手が一軍入りし、活躍するのか?注目ですが、今回は巨人の2015年ドラフト戦略はどうだったのか?, ドラフト戦略を振り返る前に、2015年の支配下登録選手の成績を簡単に振り返りたいと思います。, チームの4連覇が途切れた事もあり、この年に責任を取る形で原辰徳監督が辞任し、高橋由伸氏が急遽監督になるため引退する事になり、バタバタした印象です。, 中枢と呼ばれた、阿部慎之助、坂本勇人、村田修一、長野久義選手それぞれが、本塁打20本以下、センターのレギュラーに立岡宗一郎が定着し体裁を取りましたが、多くの選手が前年度から大きく成績を落とす結果に。, 先発投手の二桁勝利は菅野智之、マイコラスのみ、続くのが高木勇人選手で9勝、ポレダ8勝と続き、左エース内海哲也、FA移籍の杉内俊哉、大竹寛投手は勝利数を伸ばすことが出来ませんでした。, また、リリーフ陣は山口鉄也、マシソンは健在も、西村健太朗の代わりに澤村拓一選手が抑えを務め、リリーフを固めるも、3人で16敗するなど、リリーフへの負担も大きなシーズンでした。, 投打共に、3連覇を果たした時の中心にいた選手たちがピークを過ぎており、新しい世代の台頭が望まれるところでの監督交代、高橋由伸監督からすると、チーム構想を考える間もなく、急遽お鉢が回ってきたという印象でしょう。, 高橋由伸監督にとって、さらに不幸だったのが2015年10月に「野球賭博問題」が発覚、ドラフト戦略で思い描いていた上位指名は「レギュラー野手」という事もあって、巨人は投手オコエ瑠偉選手を指名すると思われましたが・・, 今回の賭博事件で福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手を解雇する事になったので、先発、リリーフ共に投手陣の立て直しが必要となった事で上位候補を即戦力投手に切り替える事になりました。, では、2015年のドラフトを振り返ると、上位候補に並ぶ即戦力投手の顔ぶれはどんな選手がいたのか?各球団のドラフト上位を見ると、, と各球団の戦力になっている選手がズラリと顔を揃えており、投手豊作の年ですので、即戦力となる投手は重複覚悟で獲得する事も出来ましたが、巨人が指名したのが立命館大学の桜井俊貴投手でした。, 巨人のドラフト戦略は、1位こそ即戦力投手の獲得でしたが、2位以降を見ていくと、元々野手の高齢化が課題になっていた上に高橋由伸選手の引退・・, また、2014年ドラフト1位に岡本和真選手を獲得していたので外野手を補強しなければいけない状況でしたので2位以下は野手を中心にした指名となり、, 入団後4年を経過しましたが、各選手高橋由伸監督の元、徐々に実力をつけてきていますが辞任をした後の2019年に多くの選手が開花し、以下のような成績を残しました。, ドラフト1位の桜井投手がリリーフ、先発ローテーションとして活躍し8勝をあげ、ドラフト7位の中川選手は67登板で16セーブ、21HPとリリーフの柱へと成長し、2020年は投手陣の柱へと成長する事が期待されています。, 2位の重信選手は準レギュラー、守備固め、代走として活躍し2桁盗塁をマーク、2020年はライトのレギュラー争いに加わりそうです。, 4位の宇佐見選手は北海道日本ハムファイターズにトレードで移籍し、日本ハムの正捕手争いに加わる活躍で、今年は飛躍が期待されそうです。, 5位の山本選手はしぶとい打撃と高い守備力で一時はレギュラーとして起用もされていましたが、途中失速しレギュラーになれませんでしたので、2020年はレギュラー取りなるか?注目です。, 増田選手が代走の切り札として活躍、チーム一の15盗塁をマークし、2020年はセカンドのレギュラー取りに挑みます。, となり、残っているのは4名になりますが、2019年に6名も一気にブレイクしましたので、チャンスは十分あると思いますので、頑張ってほしいですね!, 2015年ドラフト会議後、各紙やジャーナリストの評価が行われる中で、巨人のドラフト評価は「将来性が不透明」とされて、特に桜井投手は大学4年生で急激に成長した投手ですが、実績も乏しいことから指名に疑問を持たれる事もありましたが・・, 「ドラフトは結果がすべて。5年後に答えがある。私も含めスカウトの目なんて所詮、節穴なんだ」, と言っていた通り、5年後に答え合わせをする事になると考えれば、ちょうど2019年は一つの答え合わせの年になります。, 巨人で言えば、16名(支配下登録8名)のうち6名(支配下登録5名)が1軍で活躍しています。, 支配下登録の選手確率だけ見れば、62.5%の選手が一軍入りした事になるという事で、近年稀に見る確率です。, と言われる事もありますが、そんな事もなくて結果さえ伴えば、起用もされますし、結果を出せば他の球団よりも年俸アップ幅は大きいですから、少ないチャンスをモノにできるか?の方が大事だと思います。, 今後、年度別のドラフト戦略を振り返る記事も、ボチボチ上げていこうと思いますが、振り返れば2015年ドラフトは成功だったと言われるように、2020年も引き続き結果を残してほしいと願っています。, 読売ジャイアンツに魅せられて25年。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。

夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。, -巨人 球界のレジェンド、故・金田正一氏から「ダルマさん」の愛称で親しまれていた、巨人の戸根千明選手。 2019年は開幕から中継ぎでフル回転し、26試合に登板、防御率1.99と活躍、プライベートでも元ローカルアイドルNiimoの佐々木舞夕さんとの結婚で、公私ともに順調と思われたのですが・・・ シーズン途中で ... 2019年飛躍のきっかけを掴んだか?と思われた若林晃弘選手ですが、セカンドのレギュラー奪取まではいけませんでしたが、一定の成績を残し、セ・リーグ優勝に貢献しました。 2020年に向けての課題は、打撃と守備両面のさらなるレベルアップが必要になりますが、過去の成績やデータから、若林選手がどんな選手なのか ... 読売ジャイアンツの外野手アレックスゲレーロ選手。 2年契約を満了し、残留か移籍か?となりますが、本人は日本シリーズ終了後、離日のタイミングで 「日本が大好き。巨人ファンも素晴らしいし、巨人のチームメートも素晴らしい人たちばかり。現状は待つ身なので、どういうふうに契約状況が進んでいくか見守っていきたい ... 2020年の巨人は一気に若返りが進む可能性があります! そのカギを握るのが、ファーストのレギュラーですが、原監督は現時点での構想として 「北村君とか、昨年(2軍で)首位打者だった山下君とか、ナカジ(中島)。まずは捕手で勝負させる大城。この辺は大きなチャンスになる」 とコメントし、ファーストは外国人の ... 2020年は東京オリンピック開幕の影響で開幕戦が1週間はやまり3月20日になります。 開幕戦はDeNAと東京ドームで行われますが、このカードだけ18時から試合開始と注目の一戦となりますが、2020年伝統ある読売巨人軍の開幕一軍として迎えるメンバーは誰なのか? 今回は、2020年の巨人開幕一軍を予想し ... Copyright© プロ野球巨人愛溢れる二児のパパブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4. http://www.hochi.co.jp/giants/20150930-OHT1T50042.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1555241.html, http://www.hochi.co.jp/giants/20151020-OHT1T50137.html, http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000001-wordleafs-base&p=3, http://number.bunshun.jp/articles/-/824402?page=3, http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/463594/, http://number.bunshun.jp/articles/-/824426?page=3. -ドラフト2015, 与那原大剛, 中川皓大, 宇佐見真吾, 山本泰寛, 巨人ドラフト, 桜井俊貴, 重信慎之介, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ?」とやや怪訝な思いでいたものの、選択肢が増えたことは悪いことではないと思いました。この7人とはすでに名前が挙がっていたオコエ、小笠原、熊原、高山の4人に加えて、吉田(青学大)、岡田(大商大)、桜井(立命大)のようです。この候補が増えた裏には何があったのか?後で分かったことですが、10月10日、11日に行われた仙台六大学野球リーグで先発登板した熊原が、東北福祉大に対して不本意な投球をしてしまったようなのです。記録を見る限り10日は先発して8回を投げ被安打5、四球2の失点3で負け投手、11日はリリーフで最終回に2/3回だけ投げてヒット1本を打たれている。炎上というほどではないようですが、ここで1位指名にGOサインを出そうと思っていた巨人スカウト陣は「待った」をかけることになり、指名候補の見直しを迫られることになった。そこで4名から7名に候補が拡げることになったと思われるのです。, その翌日にはスポーツ報知に「オコエが1位候補から外れ、立命大・桜井が急浮上」なんて記事が出ます。夢のある高卒野手の指名に一縷の望みを保っていたものが、機関誌の報知に載ってしまったのでは諦めるしかありません。小笠原も無しとのこと。「まぁ、オマエらの魂胆は最初からお見通しだよ!」と思いながらも、「桜井って誰だ? 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 ?」なんて指名が続きます。私は東海大菅生高の勝俣というスラッガーをぜひとも指名して欲しいと思っていたのですが、2位でも3位でもスルーしています。勝俣は「3位指名以下はお断り」などと最近のドラフト候補生では珍しい高飛車な態度を取っていたので、巨人が「ひょっとしたら下位でとるために囲い込みをしたのか」と期待していましたが、そんな希望的観測も空しく、巨人は最後まで地味な名前が連呼されるドラフトを続けたのでした。, 「なんて野心のないドラフトだったのだろう・・」直後の感想はそんな感じです。ドラフトは確実にモノになるものの、成長した先が70点や80点の選手を指名することも必要かもしれない。しかし、そういったコマ的な選手ばかりで野球をしたら、きっと強いチームは作れない。今の巨人は原さんの起用方針もあったのだろうが、70点や80点のコマ的な選手ばかり豊富になり、他を圧倒する90点や100点の選手が減ってしまったのではないか。のみならずコマ的な選手多いことが、将来のレギュラーたる大器の蓋になってしまっていたのではないか。だから、巨人に必要なのはそういった高い確立で戦力になる70、80点の選手ではなく、モノになるかどうか定かではないものの、成長した先が100点だったり、あるいはそれ以上の選手にすべきではなかったか。しかし、下位まで残っているのはあまりに可能性の低い選手ばかり。だから、ある程度の確立でモノになるスケール感のある選手を選ぶとなったら上位指名しかない。私だったら少なくとも毎年1名は、そういったスケール感のある選手を上位で指名し続けると思う。, こういった考え方は何も私だけが思っていることではなくて、多少の差こそあれ、みんなが思っていることでしょう。やはりドラフト後の巨人に対する指名の寸評は私が感じたことに繋がるものが多かった感じです。, 中日>オリックス>広島=西武=DeNA=ロッテ=ソフトバンク=楽天>日本ハム>巨人=阪神=ヤクルト, 片岡氏が、今ドラフトで疑問を投げかけたのは、巨人、阪神、ヤクルトの3球団。特に巨人、阪神は、まったくテーマや狙いが見えない不透明なドラフトだという。, 「トリプルスリーの山田を軸に野手の揃ってきたヤクルトの補強ポイントはピッチャーだったはずだが、外れ1位の原は、隠し玉なのだろうか。即戦力ピッチャーを他に取っていないのもよくわからない。もっとわからないのが、巨人と阪神だ。立命大の桜井は4年生になって急成長したピッチャーのようだが、乱暴な指名に思える。早大の重信、慶大の山本と、2人も大学生の野手を獲得したが、そのあたりの狙いもよくわからない。また育成を8人も獲得して、そのうち7人が独立リーグの選手で、うち4人が武蔵ヒートベアーズの選手。近年独立リーグの選手の評価が高まっているが、この指名の仕方には違和感を覚える。, 巨人は秋の成長が著しい桜井俊貴(立命館大・投手)、日本ハムは外れ外れ1位で上原健太(明治大・投手)を指名した。この低評価はあえて「1年目」と限定したい。桜井は春のリーグ戦までは投球フォームのきれいな本格派、という印象が強く残っている。そこからの成長が本物ならもっと評価が上がるが、2位以下に巨人らしい欲望の強さが見えなかったので全体的な評価を下げた。, (S=ソフトバンク、A=阪神、B=ロッテ、B=中日、B=DeNA、C=広島、C=西武、C=巨人、D=楽天、D=オリックス、E=ヤクルト、E=日本ハム), 「野球賭博で投手が足りないというのは分かります。打線が弱いチーム事情なのに、投手4人を指名せざるを得ないというのは仕方ないでしょうね。それでも大学の投手2人(桜井俊貴=立命館大、中川皓太=東海大)は期待できそう。少なくとも4人しか指名しなかった昨年よりはいいドラフトだと思います」, (95点=DeNA、90点=ソフトバンク・ヤクルト・ロッテ・阪神、85点=日本ハム、80点=オリックス・広島、75点=西武、70点=中日・楽天、50点=巨人), ワクワクしない地味な人選。とはいえ野球賭博問題で3選手が謹慎中の投手を中心に、各ポジションに最低1名ずつと現実的な指名となった。とはいえ1位の桜井俊貴、7位の中川皓太の大学生投手が1年目から働けば、十分合格点になるのでは。注目は育成選手を8名指名したこと。すでに発表されている新設の三軍を充実させる狙いもあるが、8名中7名が独立リーガーで即戦力の掘り出し物が見つかる可能性も。, 「それから僕は球団の方に批判を受けても敢えて言いたいのはですね、高橋新監督をやっぱり迎える、高橋新監督に照準を合わせてですね交渉をした訳じゃないですか。だったらドラフトもですね、せめてやっぱりスター候補と言われている選手たちに対してまして、しっかりと参戦してもらいたかった。競合してもですね、あのドラフトでやっぱりクジで抽選しても取ってもらいたかった。かつて長嶋さんがやっぱりそのねぇ松井を引いた時のように。それから、あの藤田さんが原選手を引いた時のようにですね、こういうような形でやっぱりドラフトってのは、やっぱり輝きのある選手たち対しましてスポッとまぁジャイアンツがですね目を向けてもらいたかったということは、これは新監督に対してましてまぁひとつのですね、あのー礼儀ではないかぁというふうに思えてならなかった訳であります。えー取れなかったかもしれませんけれども。その点阪神は金本監督を新監督を迎えるにあたりまして、明大のやっぱり高山を、競合であってクジを引いてやっぱり獲得したということは、こういったことっていうのが野球への発展ではないかなと。またジャイアンツっていう、ジャイアンツのファンにしてみればですね、そういうことを見たかったと思えてならない訳でありますね。松坂大輔を取らなかったっていう、あのクジを引かなかったっていうことに対しまして、あのーまだまだですね、えーなんとなくモヤモヤっていうものを持っておりますジャイアンツファンはたくさんいる訳でございますので。もちろんスカウトのみなさんで選んだ選手でありますから、間違いはないと思うのです。ただやっぱりそういうことだけではないということをですね、ジャイアンツファンはそういう気持ちを持っているんだという、やっぱり高山であり平沢であり、小笠原であったり、高橋君であったり、こういった選手にやっぱりちょっと向けてもらいたかったなっていう気持ちが強い訳であります。これを話させると切りがないので止めますけれどね」, 評論家各氏が酷評していますし、徳光さんも怒っています。ドラフト後、こういう夢のない指名をすることに対する不満を多くの巨人ファンが抱いたのではないかと思います。それでも指名された選手たちの評価が良ければ救いになると思ったのですが、これが実にヒドい有様!調べ始めて過去最低レベルではないか。桜井が辛うじてA評価が4紙ある程度で、それ以外は指名されるとしても下位候補だと予想された選手ばかりだったのです。, 皆が酷評する、どうにも救いようの無いドラフトだった気が来るのですが、安倍さんのコメントだけは何だか救いがありました。, 頼みの綱・宮西尚生までヒジのクリーニングで来季前半が危ぶまれ、何が何でも左腕がほしい日本ハムが指名した加藤貴之(投・かずさマジック)をはさんで、巨人が重信慎之介(外・早稲田大)を挙げて、報道エリアのどよめきは最高潮に達する。, 桜井、重信……見出し、どうするんだよ……。スポーツ紙記者のためいきが聞こえる。やはり、人気球団にはビッグネームが欲しいようだ。, アマチュア時代のビッグネームがナンボのものか。プロに進んで活躍すれば、そこではじめて本物のビッグネームとなり、アマでちょっと売れたぐらいの名前なんて、プロで1、2年停滞すれば、世間はすっかり忘れてしまう。彼らの“これから”について語り、伝えればよいのに。, 重信慎之介を「足のスペシャリスト」と評するのは、決して当たっていない。彼は立派に三拍子そろった、総合力の外野手に成長した。, 早稲田大では茂木栄五郎(内・楽天3位)も、入学時に比べれば別人のような飛距離を獲得したが、重信慎之介のバッティングの力感アップも賞賛に値する。, 内角の140キロ台をパチンと引っぱってライナーでライトの頭上、右中間を襲う打球は、学生当時の青木宣親(現・サンフランシスコジャイアンツ)が重なり、併せて、強肩と前にも後ろにも強い守備ワーク。そして誰もが認める快足は、盗塁スタート時の“横1m”の速さ、スライディングスピードも含め、プロで盗塁王を望めるレベルにある。, しかし、私が編集した『野球人』の「ドラフト特集号」では、それほどの逸材を落としている。私が重信慎之介のそれほどの成長を確認したのはこの秋。雑誌が印刷にまわってからだった。完全な「敗北」であった。, このコメントには巨人のドラフトの本質を探るヒントがあったと思います。その後、色々なことを調べてみると、今年の巨人が指名した選手というのは、会議の直近で評価を上げて来た選手が多いということなのです。リーグのMVPを獲得し熊原の評価を上回った桜井もしかり、2位の重信も4年時に限って言えば阪神1位の高山と遜色ない活躍。ドラフト後リーグの首位打者になりました。5位の山本もドラフト前のリーグ戦で3本塁打を放ち、ベストナイン。7位の中川も秋のリーグ戦でMVPです。彼らはどうやら評価が追い付いていなかったり、評価が定まっていなかったり。こういったドラフト直前に力を付けて来た大学生組に、與那原や巽といった隠し玉的な高校生をミックスしたのが今年の巨人のドラフトだったということでしょう。確かにまだ評価の定まっていない選手たちを指名するということは、片岡さんの言う通り乱暴な気がします。しかし、それはそれで冒険心のある野心的な試みだったという気がして来ることも確かです。少なくとも一部記事のように、賭博事件でどこからも恨まれない地味指名に徹したなんてことは無かったのだと私は思います。, このドラフトが成功だったか失敗だったかは数年先にならないと分かりません。人気や名前より実力をとった名ドラフトになるのか、やはり、地味は地味のまま、つまらない人選のドラフトだったのか、今後も注目して行きたいと思います。, さて、後半は指名された選手たちがどんな選手だったのかを調べて行きたいと思います。(続く). お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, (C)2020,Nikkan Sports News. 今回は、2015年度のドラフト会議を振り返り、上手な球団と下手な球団をランキングで紹介します。幣サイト独自指標を使い、12球団のランキングを調査!

王位戦第4局 解説, 2005 ロッテ 最強, メイショウドトウ ウマ娘, 競馬 出目の法則, Nhk解約 リサイクル券 ない, 東京ダービー 追い切り, 専大北上 サッカー 女子, 高校サッカー インターハイ 歴代優勝校, 藤井聡太 師匠 の コメント, ウイニングポスト9 チャーチル, 株主優待 おすすめ 飲食, ロッテ 歴代スタメン, 競馬 東大 予想, みやこ ステークス 落馬, 東海テレビ杯東海ステークス 予想, 阪神 ロッテ移籍, 東 福岡 サッカー部 員数, 西島隆弘 インスタ, ダーツ レーティング5, ブルボンプチ スタンプ, ロッテ 球団代表, 大濠公園 アメンボボート, プロフェッショナル 英語,

関連記事一覧