BLOG

ブログ


それでも、約1年ぶりの活動となった10月とは大きく異なる部分もある。「10月のオランダで活動させていただいて、11月も世界的なコロナ情勢を考えた場合には、活動するのが困難な状況の中、こうやって代表活動をさせていただけることをみんなで感謝しながら臨みたいと思います」とまずは感謝から入った森保監督。改めて重要なのはレベルアップすることだとした。 鳥栖選手がインスタライブ 経営難クラブに訴え、元同僚・権田も参戦 2020/4/29 22:56 (2020/4/29 22:58 更新) 西日本スポーツ

また、グラーツはかつて日本代表を率いたイビチャ・オシム氏が在住している中、今回のメンバーでは唯一指導を受けていた川島。グラーツに来る際はオシム氏のことを思い出していたと明かした。

一方で、「自分自身もチームでチャンスを探っている中で、佑都もこういう形でポジション争いも厳しい中でやっていますが、ピッチの上に立っている姿は刺激になりました。そういう部分は代表に良い形で還元できればと思います」とし、ベテラン同士でも刺激しあえている事を明かした。 「10月の活動を踏まえて、我々がレベルアップするということ、常にレベルアップすることを目指して活動することを確認して、このキャンプに臨めればと思いますし、ベースの部分は必ず確認しながらというところでは、選手たちが所属チームと我々の日本代表でプレーするときに迷いなくプレーできるように、整理して練習や試合に臨んでもらえるようにしたいと思っています」, 【招集リスト】11月の日本代表も海外組オンリー ︎オーストリア遠征に臨む24選手を発表, 「お疲れ様とは言いたくない」中村憲剛の現役引退に元チームメイトの川島永嗣が言及「仲間として凄く誇らしい辞め方」, 今季すでに8ゴール、前回はコロナの影響で不参加となったFW浅野拓磨「与えられた役割で全力でプレーするだけ」, 10年前に日本代表レギュラーの座を掴んだグラーツに戻った川島永嗣「全然覚えていなかった(笑)」, 追加招集のMF奥川雅也は日本代表合流が難しい可能性、ザルツブルクで代表選手6名が新型コロナ感染, 中米2カ国との試合を控える日本代表、森保一監督は「戦術の幅」と「ベースの確認」をテーマに.



今回の検査は、全選手ではなく代表活動に参加する選手のみの実施とのこと。8日の夜に検査結果が分かったとのことだ。 そのキッカケとなった試合が行われたのが、今回のキャンプ地であるグラーツ。試合はメルクール・シュピール・アレーナで行われたが、その点については「それは全然覚えていなかったです(笑)」とコメント。「あの時はどこでやるとか、どのスタジアムでやるかとかを考える余裕はなかったです」と、当時はその余裕がなかったと明かし、「今その話を聞いて感慨深くなっています」と笑顔を見せた。 日本代表は7日、オランダのユトレヒトで3日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前に、gk権田修一(ポルティモネンセ)がメディアの取材に臨んだ。 それでもサッカーが支えてくれたと浅野は語る。「シーズンが始まってしまえば、そこに集中できるものが僕にはあるので、サッカーをやれている幸せやそこへの感謝の気持ちというのは、こういう状況だからこそ持てています」と、試合が始まったことがプラスになったと語った。また、「試合が始まればそこに対して良い準備をすること、熱い気持ちを持って戦うだけなので、そこまで家にいる期間がすごく大変だなというのは、サッカーがあることによって紛れているかなと思います」と、苦しい状況を乗り越えられた理由を明かした。

自身の今季のパフォーマンスについては「結果としても目に見える結果がこれまで以上に出せていると、自分自身でも自信になっていますが、チャンスの数と結果は満足いくものではないです」とまだまだ足りないとコメント。「もっともっと結果という部分は求めていかないといけないですし、ベオグラードに行ってからコンスタントに試合に出られていることは自分にとって今の成長につながっていると思います」と語り、試合に出場していることがプラスに働いていると語った。 今回の2試合について森保監督は「選手たちのコンディションを見て決めていこうということはあります」とし、「前回の10月の活動では全員を使ってあげられなかったですが、少しでも多くの選手たちを確かめながら、2試合をできればと思っています」とし、今回も多くの選手に出場機会を与えたい意向を明かした。 10月のカメルーン代表戦、コートジボワール代表戦では出場機会がなかった川島。しかし、代表活動は刺激を得られたという。 「未来に向けて良い準備をすることをコロナの期間は今まで以上に学べたと思いますし、1カ月、2カ月だけじゃなく、1年、2年、3年先への準備が大事だと再確認できました。それが自信に繋がっていると思います」 ©Copyright2020 週末世界のFootbool.All Rights Reserved. 「彼もフロンターレへの貢献もそうですし、自分がフロンターレにいた時は優勝を掴めない中で過ごしたので、こういう形でチームを優勝させて、こういった決断をしたというのは、寂しい気持ちもありますが、一緒にやった仲間としては、凄く誇らしい辞め方かなとも思います」 11月はパナマ代表(13日)とメキシコ代表(17日)と、中米の2カ国と対戦する日本代表。FW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)は2019年11月以来の代表招集となった。 そんな厳しいコロナ禍でも浅野はトレーニングを欠かさず、それが自信にも繋がっていると感じているようだ。 日本サッカー協会(JFA)もこの件について把握しており、奥川が合流できない可能性があるとしている。奥川は9日に日本代表に合流する予定だったものの、現時点では合流しておらず、チーム全体のPCR検査で陰性だった場合でも、チーム内での感染状況を考えると合流は難しい可能性が高いとされている。, 9日、日本代表の森保一監督がオーストリアのグラーツからオンラインでの取材に応対した。
「ただ、色々な意味で、僕自身もフロンターレや日本代表で一緒にやらせてもらった中で、良い時間も共有しましたし、お互いに良くない時期も共有しました」

インタビュー・文=浅野祐介 写真=薮内 努, 権田 初めて海外で試合をしたのが、中学2年生の時でした。パリ・サンジェルマンの主催で、フランスのクラブがいくつか招待されていた大会に、FC東京のジュニアユースとして出場したんです。その3カ月後には、ポルトガルのリスボンで行われた世界大会に出場しました。各国の優勝チームが参加する大会だったので、強豪クラブが出場していましたね。その2大会で、初めて世界レベルを経験しました。, 権田 2つの印象を受けました。当時は、日本代表が日韓ワールドカップで、初めてグループリーグを突破したという時で、まだ“世界と戦う”というのが当たり前の状況ではなかったのですが、「意外と通用するな」という印象を受けました。一方で、「まだ差があるな」という印象も持ちましたね。日本人選手は上手いのですが、決定力であったり、球際の強さに関しては、海外との差を感じました。その2つの大会では、勝負どころで得点を奪えずに、7位と9位という成績で終わっていたので、世界との差を感じることになりました。, ──U─17、U─19日本代表では、アジアの壁を突破することができませんでしたが、当時を振り返ると、どういった要因が挙げられますか?, 権田 やはり勝負どころですね。U─17選手権の時は、北朝鮮、中国、タイと同じグループで、他よりも少し難しいグループでした。僕たちはその直前に行われたモンテギュー国際大会で優勝していたのですが、「アジアで戦うほうが難しい」と感じましたね。もちろん、親善試合の意味合いを持つ招待大会との違いはありますが、重要なところで結果を残すことができない、という点は日本人の弱さだと思いました。, ──しかし昨年のロンドン・オリンピック予選では、見事にアジアの壁を突破しました。世代を重ね、どのような成長がその結果に結び付いたと考えていますか?, 権田 U─17の大会は高校1年生、U─20の大会は高卒1年目の時にアジア予選を行いました。そのため、所属チームで試合に出ていない選手が多かったんです。五輪の予選では、各選手が所属チームで試合に出ている状況でしたし、それぞれが試合慣れをしていました。練習はもちろん大事ですが、それ以上に試合に慣れているかどうかが非常に重要ですからね。, ──やはり個々の経験やレベルアップというのが、チームの出来に大きく関わってくると。, 権田 そうですね。個々がしっかりしていないと、チームとして機能しないですよね。サッカーはチームスポーツですが、まず一対一の部分で負けていたら話にならない。勝つためには個が重要ですし、五輪の時は全員が意識を高く持っていたと思います。, 権田 環境面は開き直ることが大事だと思います。国によって文化が違いますし、いろいろな部分でうまくいかない点があります。しかし、そこでストレスを感じないことが大切なんじゃないですかね。どこに行っても、「これぐらいは仕方ない」と割り切って考えるべきですね。それに、アジアは広いので人種が違いますよね。五輪アジア予選で戦ったシリアはヨーロッパのような印象ですし、バーレーンはアフリカっぽい。マレーシアやベトナムは、日本人よりも小さくて敏捷性がありますし、韓国やオーストラリアの存在もありますよね。いろいろなスタイルの国と戦う中で、自分たちのスタイルを確立することが一番重要だと思います。五輪予選の時は、それがしっかりとできていました。日本人は規律を守ることが得意な人種だと思うので、それを最大の良さとしてピッチで生かすことが、アジアで勝ち抜くためには重要だと思います。, ──ロンドン五輪では44年ぶりのベスト4進出を果たしました。ある意味、初めてとも言える大きな国際舞台で、得た自信と課題を教えてください。, 権田 日本人が団結して戦えば、世界でも十分通用すると感じました。今までそれを信じてやってきたので、自信になりましたね。逆に、個人の部分での課題は多かったと思います。もっと自分の活躍でチームを勝利に導けるようなGKになることが今後の課題ですね。実際に出場してみて、細かい部分でもしっかりと取り組んでいかなければいけないと感じました。, ──グループリーグではスペインと対戦し、勝利を収めました。世界最強とも言われる相手と戦ってみてどうでしたか?, 権田 普通にめちゃくちゃ上手かったです。でも、自分たちを信じてプレーすることでつけこめたと思います。退場者が出た相手にあれだけ押し込まれてしまい、レベルの高さを感じましたが、ちょっとした隙につけこめればやれると感じました。逆に、11人の相手と戦っていたらどうなっていたのか、という思いもあります。今後、世界のトップを目指していくのなら、11人のスペイン代表に10回中7、8回は勝てるようにならないといけない。あの試合で勝ったからこそ、もっとどうすべきだったかを考える必要があると思います。, ──日本のファンにも、五輪代表メンバーの仲の良さが伝わりました。他の選手の人柄について教えてください。今シーズンからチームメートになった東(慶悟)選手はどうでしょうか。, 権田 彼はプレーと一緒で、協調することができます。少しシャイなところもありますが、FC東京加入後、1カ月でチームになじむことができています。また、代表に誰が入ってきても、プレーを合わせられる。人の良さを見抜き、その良さを引き出すことができるんですよ。サッカーが上手いというのはもちろん、人間的にも優れていると思います。, 権田 そうですね。チームでエースにはならないタイプかもしれませんが、バイエルンの(トーマス)ミュラーやレアル・マドリーの(メスト)エジルのように、相手から嫌がられる選手だと思います。, 権田 キヨは、チームを引っ張る気持ちを持っていました。A代表にも選出されていて難しい部分もあったと思います。五輪代表だと、「A代表の清武さんだ」っていじられるんですよ(笑)。それでもうまくやっていて、練習から厳しい声をかけたり、声を出して盛り上げたりと、チームのためを思ってやってくれてましたね。試合前のロッカーでは、彼が一番声を出していたんじゃないかな。ああいうチームを引っ張る気持ちが、海外での活躍にもつながっていると思います。, 権田 タカは、技術が高く、安心してボールを預けられる存在でしたし、ピッチ外でもすごく気が利くんですよ。優しくて気配りができるので、それがピッチでもできている感じです。味方が困っていたら、パスコースを作ったり、ディフェンスの時にスペースが空いていると感じたら、頑張って戻ってきますしね。五輪メンバーの中では年下のほうですが、年下だから気を配っているのではなく、人間的な良さでそうしていたのだと思います。五輪チームはみんな良いヤツでしたよ。やんちゃすぎて浮いてしまうヤツもいませんでしたし、逆にちょっとやんちゃなヤツをいじるぐらいで、雰囲気が本当に良かったです。, 権田 ドイツのシュトゥットガルトとイタリアのエラス・ヴェローナの2チームの練習に参加しました。まず、国によって色が違うというのを感じましたね。素人の方から見ると、GKのスタイルの違いはあまり分からないかもしれませんが、国によってGKに対する考え方や文化が違います。個人的に、ステップワークや敏捷性といった面で通用すると思った反面、「不恰好でもシュートを止める」といった一つひとつのプレーへのこだわりがもっと必要だと感じました。ビッグプレーは偶然ではなく、理由があるのだと。五輪のスペイン戦で、東が(スペイン代表GKダビド)デ・ヘアにシュートを止められたシーンがあったじゃないですか。あれがおそらく普通の世界なんですよ。ドイツでもイタリアでも、レベルの高いGKを間近で見ることができたし、ビッグセーブは毎日の練習の積み重ねの結果だと感じましたね。技術はもちろんですが、ゴール前での「こだわり」をもっと持たなくてはいけないですね。, 権田 ドイツは、日本とは全然違う練習で、すごく面白かったですね。「身体のどこかにボールを当てて止める」というスタイルでした。キャッチングにこだわるよりも、体に当ててストップするという感じですね。アイスホッケーのGKを意識しろと言われました。イタリアについては、2009年に練習に参加した際に(エルメス)フルゴーニさんに指導してもらい、現在は日本代表でイタリア人コーチに教えてもらっていますから、それと似ている部分もありますが、コーチによって色がありますね。そういう意味で、イタリアは割と入りやすかったですけど、ドイツはサイズが重要だと思いました。僕が行ったチームは、みんな僕より大きいんですよ。チームに小さいGKがいれば、その選手に合わせた練習があるかもしれませんが、僕が行ったチームは大きいGKばかりでした。(練習用の人形の)FKの壁があるじゃないですか? あれよりももっと高いのが前にあって、それをビニールシートで隠し、その上からボールが出てくるんです。それをはじく練習があったのですが、背が低いため全然できませんでしたね。それから、ドイツもイタリアも、国の色に対し、みんな誇りを持っていました。ドイツで、「これからイタリアに行く」と言ったら、「絶対ドイツのほうが良いぞ」と言いましたし、イタリアで、「ドイツで練習してから来た」と言うと、「ドイツではこんな練習しなかっただろ」と(笑)。自分たちが考えているGK文化に誇りを持っているのだと強く感じましたね。, ──日本代表は(アルベルト)ザッケローニ監督就任後、アルゼンチン代表やブラジル代表、フランス代表といった世界トップクラスのチームと対戦しました。現在の日本代表は、世界でどのあたりのレベルにあると思いますか?, 権田 コンフェデレーションズカップで分かると思います。親善試合と公式戦という話をしましたが、公式戦というのはしっかりと準備して臨むものですからね。今回は厳しいグループに入りましたが、レベルの高いチームと3試合できるので良いことだと思います。真剣勝負の中で、何ができるかが大事だと思いますね。五輪の準決勝で対戦したメキシコ代表とは、五輪の本番前にも親善試合をしましたが、公式戦とでは全然違いました。世界での立ち位置はコンフェデ杯ではっきりすると思います。, 権田 「強豪国と試合ができてOK」ではなく、「強豪国に勝つためには何をすべきか」ということをみんな考えてやっていると思います。昨年の欧州遠征ではブラジル代表に負けましたが、フランス代表に勝ったことよりも、ブラジル戦のほうが頭にあるみたいですからね。試合後には、「もっとやらなければいけない」という話をしていました。, 権田 いつかはイタリアでプレーしてみたいです。日本はそもそも島国ですから、ヨーロッパのどの国に行っても、プレーヤーとしても人間としても絶対に良い経験になると思うので、海外でのプレーに興味はありますね。でも、まずは所属しているFC東京でやれることをやって、チームの状況やその時のタイミングによって、良いチャンスがあればプレーしてみたいです。, 権田 誰かを特定して見るということはないですね。知名度に関わらず、試合の中での一つひとつのプレーに注目しています。GKは個人ではなく、ディフェンスの最後の部分。ビッグセーブをしても、「この状況にしてしまったことが問題」と思うこともあります。チームによっては、GKがクロスボールにほとんど対応しないチームもあるじゃないですか。それを、「このGKはクロスボールに弱いんだ」と思うのではなく、「チームの戦術だから、どういうポジショニングを取っているのか」ということを考えていますね。僕はJ1もJ2も見ますし、海外の試合はビッグマッチ以外も見ます。その中で、あえて言うとしたら、(ジャンルイージ)ブッフォンは好きですね。プレー自体もそうですが、彼は何をしても絵になりますよね。写真を見ると分かりますが、いつも自信を持ってやっているし、それがチームメートにも伝わっていると感じます。プレーではありませんが、すごいと思います。, ──話は少し変わりますが、ご自身の経験を踏まえ、自信を持つべき日本の特徴は、どういうところにあると思いますか?, 権田 チーム全員で規律を持って戦えることですね。日本人から見ると、「言われたことを実行するのは当たり前」と思うかもしれませんが、海外では武器になる部分です。そこは強みとして捉えていいと思いますね。, 権田 少し矛盾する点がありますが、強引さは必要だと思います。それと「一芸」ですね。平均の選手ではなく、突出している点が必要になると感じます。ヘディングが強い、シュートは絶対に枠に飛ばすなど、種類は様々だと思いますが、世界で勝つには、個の強さが必要になってきますからね。チームで規律を守りながら、自分の得意な部分を持っておくべきだと思います。, 権田 うちの林(容平)は嫌いですよ(笑)。「点を取りたい」というのが顔に書いてあるようなヤツです。(リオネル)メッシのように技術があって、ゴール前で余裕を持てるような選手も嫌ですが、そこまで到達するのは大変なことです。そうではなくて、イーブンなボールに突っ込んで来たり、ギリギリで足を出してきたりとか、いつでも点を取ることを考えている選手は嫌ですね。そういう選手がボールを持っている時は、隙を見せないようにしています。, 権田 漫画の『ジャイアントキリング』で言うと、夏木(陽太郎)です。堺(良則)も嫌ですけどね。, 権田 FC東京としては、優勝を目指します。(ランコ)ポポヴィッチ監督も2年目ですからね。タイトル獲得のためには、GKが良い働きをしなくてはいけません。成績が良いチームは失点が少ないですしね。チームにいる時間が長いので、ディフェンスの組織作りからこだわっていきたいです。また、それをやることで、個人としても、「どうしたら守れるか、勝てるか」という感覚が上がっていくと思うので、その部分は日本代表でも生かしていきたいと思います。, アディダスでは「すべてをかけろ。世界はもう、夢じゃない」というテーマの下、世界最高峰の大会・UEFAチャンピオンズリーグの開催に合わせ、中高生プレーヤーを対象に世界NO.1を決める大会「UEFAヤングチャンピオンズ 2013」を開催。優勝チームにはチャンピオンズリーグ決勝観戦や、チェルシーFCのクリニック参加など、本気で世界に挑戦する部活生をサポートする様々なプロジェクトを展開している。ここでは、部活生から寄せられた質問に権田選手が回答!, Q1.将来プロになりたいです。どんな人がプロになれると思いますか?

柳楽優弥 誰も知らない, 横浜ベイスターズ グッズ, 将棋 八大タイトル, 清仁軒 恵比寿, 森尾由美 志村けん, 戦隊ヒーロー 2021, アーモンドアイ 引退レース, 五虎大将軍 魏延, 目黒記念 追い切り評価, 天体観測 映画, 清原翔 彼女, 銀座 アメリカン まずい, 広島カープ ライブ Youtube, 少年サッカー 親, Yahoo 死弊, 五等分の花嫁 声優 豪華, 坂口健太郎 高畑充希 匂わせ, 市川実日子 ハーフ, 恋ノチカラ 配信, 森永乳業 ピクニック キャンペーン, 月のしずく 作詞, 社会主義とは 簡単に, アマンダ フレーム 評判, どん兵衛 Cm 歴代, プロ野球 打撃成績 2020, アニメイトカフェ 予約 キャンセル, 日本プロ野球 英語, ダービー レース後 コメント 2020, くちびるに歌を アキオ, テレビ 持ってない, ファミマ ミニクッキー 販売中止, ロッテ免税店 シャネル, 今夜 ロマンス劇場で加藤剛, スワンステークス 2020, みやこ ステークス 2019 結果, 中の坊瑞苑 肉うどん, アニメイト 取り寄せ 電話, 横浜流星 上白石 萌 音 熱愛, スーツ シーズン1 動画, アメリカ 州都 覚え方, トルコ イスラム教 宗派, Dボタン Nhk ばれる, ロッテリア ライスバーガー, スーツ ドラマ キャスト, アルクトス 星, 塚本晋也 双生児, 2015年生まれ 競走馬, Devgru ブルーチーム, 伊藤 利尋, ジャイアンツグッズ 東京駅, トランプで遊ぶ 英語, あさが来た 子役, スカーレットカラー レース後コメント, 藤井聡太 銀河戦, 宝塚記念 レース後コメント, アイス キャンペーン バーコード, 香川真司 海外の反応 ベルギー, トゥザヴィクトリー エリザベス女王杯, ロッテ ホワイト企業, シグニエルソウル アメニティ, 阪神ジュベナイルフィリーズ 2020, 空飛ぶ広報室 鷺坂, 秋田 汐梨 ブログ, 明治 板チョコ 値段, 藤井聡太 さきどり, 懸賞 当選報告 わな, 星野源 ライブ チケット 取り方, シグナル 続編, 就実高校 オープンスクール, 将棋 タイトル戦 違い, ウエス 札幌 採用, 岡本和真 高校時代, 愛知高校 サッカー部 体験, キラメイブルー イラスト, 塩ラーメン 有名店,

関連記事一覧