BLOG

ブログ

京都コース[2-0-2-0] 生産者/産地/ノーザンファーム/安平町 京都コース[初出走] 馬主/大塚 亮一 ■収支+856900円

「レース前にイレ込みはありましたが、今までと比べれば若干マシでした。ゲートの中ではデビュー以来1番落ち着いていましたし、スタートを上手く切れたことは大きかったです。馬の状態も良かったですし枠も良かったので、勝てるレースをしようと思っていました。内めの枠だったので外を回すことは考えず、できれば内々を回ろうと思っていました。良い手応えで最終コーナーを回れましたし、直線でも上手くスペースができたので、これならと思いました。外から強い馬がくるんじゃないかと思っていましたし、最後まで一生懸命追いました。春のクラシックには出られなかった馬ですが、最後の一冠に間に合って勝てて良かったです。ディープ産駒でしたし、そういう意識もありましたからね。自分としても久し振りに菊花賞を勝てて嬉しいです。菊花賞制覇の最年少と最年長記録を達成できたことも嬉しいですね」. 京都コース[1-0-0-0] ★★★★☆ 1-10/250円 ワイドトリプル的中!回収率235% 主な勝鞍19’すみれステークス 【菊花賞】武プレミアな男!史上初3元号g1v 菊の最年少&最年長制覇も達成 [ 2019年10月21日 05:30 ] 競馬 通算成績8戦3勝[3-3-1-1] 11月9日川崎7Rワイド的中!

着順:1-4-8(5,2,3人気) 第6回(1943年) 京都農林省賞典4歳呼馬(菊花賞) 詳細情報. 道中、上手く立ち回ったワールドプレミアがヴェロックスを目標にして進めると直線インから突き抜けて快勝。2着に同じくディープインパクト産駒のサトノルークス、3着に1番人気ヴェロックスが入線。令和の菊花賞も武豊騎手が戴冠。 父ルーラーシップ ★★★★☆ © Do innovation Co.,Ltd. 京都コース[1-0-0-0] どの穴馬がくるか見極めて馬連だけでもプラス!, さらに地方競馬も好調で 母ニシノヒナギク, 騎手が変わることでどこまで着順を上げられるのか?それまでの勝浦騎手からルメール騎手へ。, ダービー5着の走りを見る限り、距離延長はプラスのように思える中の前走セントライト記念は、伸びきれずにコンマ6秒差の5着。, 菊花賞は先行~差し有利なコースなでけに名手ルメール騎手の手腕に期待がかかりますね。, 調教師/池江 泰寿(栗東) 第46回(1985年)菊花賞 詳細情報. 通算成績5戦2勝[2-1-2-0] 最高額は10/24新潟12R39万円など 出るのは避けられないでしょう!, ■集計期間:9月26日~

京都コース[初出走] 第36回(1975年)菊花賞 詳細情報. 株式会社Do innovationが運営する競馬ラボに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。, テン:4F 50.2 - 3F 37.6/上がり:4F 48.2 - 3F 36.2. ★★★☆☆, 菊花賞2019予想!スローペース上がり勝負なら距離延長で一気の逆転も可能な馬とは?, 菊花賞2019の予想を中心に枠順や予想オッズ・菊花賞過去データ傾向を紹介します。(2019年10月20日(日曜)/京都競馬場/第80回菊花賞/芝3,000mG1)神戸新聞杯で上がり3F3位以内で3着以内なら菊花賞では[3-4-0-0]と連対率100%の結果。, 富士ステークス2019予想オッズや過去データ傾向/オッズの盲点東京マイル巧者を狙う, 富士ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月19日土曜日/東京競馬場/11R富士ステークス2019/3歳上オープンG3/芝1,600m)東京巧者が内枠に入り、さらに期待が高まる5歳牝馬とは?, アイビーステークス2019予想オッズやデータ傾向/上がり勝負も位置取りの差で有利な馬とは?, アイビーステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月19日土曜日/東京競馬場/9Rアイビーステークス2019/2歳オープン/芝1,800m)複勝1点予想!少頭数でも前走内容を大きく評価したい牝馬とは, 室町ステークス2019予想!ハイペースを淡々と先行しながら結果を出せそうな馬とは?, 室町ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します(2019年10月19日土曜日/京都競馬場/11R室町ステークス2019/3歳上オープンハンデ/ダート1,200m)ダート1200mハンデ戦としては歴史のある室町ステークス。条件的に荒れやすいイメージがありますが、意外とそうでもなく、過去10年上位人気馬のいずれかが3着以内に入っており、荒れるとすれば紐荒れ。. 星5つ★★★★★ 馬主/阿部 雅英 母レッドアゲート, 過去10年、ディープインパクト産駒を筆頭にサンデーサイレンス系が活躍する菊花賞において、穴を開けてきた代表格がキングカメハメハ産駒。, レッドジェニアルの血統背景はまさにそれを象徴する血統で、母レッドアゲートは、東京2000mフローラルS優勝、古馬になってから京都2400m日経新春杯で3着と長距離への適性があり、母父は、菊花賞優勝で下剋上を果たしたマンハッタンカフェ。, 前走神戸新聞杯は、果敢に先行策を取り、上がり3F33.1で4着と健闘。休養明けに大幅な馬体重増だったことを考えれば、叩いた上積みは大きく、サートゥルナーリアから1秒差もサートゥルナーリアが不出走で、舞台が得意の京都であれば、巻き返しは必然に見えます。, 星5つ★★★★★ 15,000円投資→18,650円獲得 母マンデラ, 前走はまったく歯が立たない結果を想定。約半年ぶりのレースに重賞初挑戦、これまで経験があった距離から2ハロン延長と不安材料が多すぎてどうかな?と思っていただけに「やっぱり強かったな」のひとこと。, 前走神戸新聞杯では上がり最速の32.3秒をマークしつつも、サートゥルナーリアの3着に敗れたあたりは力の差を感じずにはいられない内容でしたが、ヴェロックスとはコンマ2秒差の僅差。, 調教師/高木 登(美浦) 中央獲得賞金1億8520万7000円

菊花賞[2019年10月20日京都11r]のネット新聞。全重賞レースの予想印/血統&コース分析/コース×種牡馬連対率など豊富なデータが満載!アナタの予想も記入できます。

父ディープインパクト 実際に公開された無料買い目画像↓, 6-10/600 円 母リッスン, 新馬戦からすみれSまで人気を背負いながら好走をしてきたものの、春のクラシック2戦はともに惨敗。色々な理由が言われている中、個人的には力差の開き具合が大きかったように思います。, それでも夏の休養を挟んでの前走セントライト記念は、先行有利の展開の中、上がり3F3位で差して2着と菊花賞への優先出走権を獲得。, 内容自体で評価をするなら、小回りコースが合っていそうで今回はトライアルレースでこその馬かなと。, 調教師/堀 宣行(美浦) 馬連回収率180%/3連複回収率270%, <無料情報公開日程> 星5つ★★★★★ 主な勝鞍19’京都新聞杯 コース適性にも注目して馬券を買いたいですね。 菊花賞2020の予想はプロ予想家はもちろんのこと 様々な芸能人や有名人なども予想をしていますよ。 という事で、菊花賞2020を的中するべく ■11月15日(日)エリザベス女王杯[中央], 穴馬絡めるのが絶妙に上手いので、5頭ボックスでも楽勝でプラスになりやすいのが大きな特徴です。, 初めて参加される方は、まずは、11月9日(火)ローレル賞の無料買い目で2日連続の的中に期待して見てください!, ローレル賞の無料買い目はコチラ

★★★☆☆ 中央獲得賞金3374万4000円 菊花賞2019予想:2強ヴェロックス・ワールドプレミア不安なしby競馬ナンデ専属予想家あみー (2019年10月17日 22:19) ヴェロックス 短評:(菊花賞2019 予想) やや持続力優位の末脚に優れる中距離馬?? ここでの不安は、特にありません。 菊花賞は京都競馬場芝3000mで行われるレース.

父キングカメハメハ 通算成績7戦2勝[2-0-2-3] 主な勝鞍19’阿寒湖特別 馬連や3連複で参考なら、 指数競馬上位6頭が良く当たる 生産者/産地/谷川牧場/浦河町 馬主/西山 茂行 星5つ★★★★★ ↑無料アドレス登録で即、ローレル賞の無料買い目が確認出来ます。, 調教師/中内田 充正(栗東) 菊花賞2019予想オッズの穴馬たちを観ていく前に、穴馬が菊花賞というレースで好走するための条件、ポイントについて書いていこうと思います。 もちろん、2017年キセキが勝った年の様な「超特殊条件」は別として、ですね。 馬主/金子真人ホールディングス 株式会社 馬主/株式会社 東京ホースレーシング 道中、上手く立ち回ったワールドプレミアがヴェロックスを目標にして進めると直線インから突き抜けて快勝。2着に同じくディープインパクト産駒のサトノルークス、3着に1番人気ヴェロックスが入線。令和の菊花賞も武豊騎手が戴冠。, スタート直後、カウディーリョがスッとハナに立つと早々のスローペースに落とし込んで集団を牽引。ヴェロックス、ワールドプレミアなど有力勢も前目に押し上げる形でレースを進めて行った。1000m、2000m共に62秒台というゆったりとした流れの中、各馬が道中でしっかりと脚を溜めて4コーナーの登り坂を越えて行くと、そこから一気にペースアップして直線コースへ。ヴェロックスが早め先頭に立つも、内から効率良く進んだワールドプレミアがスルスルと抜け出して快勝。2着に外から伸びたサトノルークスが入り、令和最初の菊花賞は武豊騎手騎乗のディープインパクト産駒が制した。, 道中は内目の経済コースをしっかりと折り合ってスムーズに運んで行ったワールドプレミア。さすがの武豊騎手がエスコートするだけあり、無駄の無いレース展開となった。ヴェロックスの直後でいつでも仕掛けられる形を作り、4コーナーで予想通りの動きになるとそこから内を突く走り。先に抜け出したヴェロックスをかわしてインから出し抜け、外から追い込んだサトノルークスを振り切って快勝。前走の神戸新聞杯3着から巻き返して牡馬クラシック最後の一冠を勝利で飾った。, 本命はヴェロックス、対抗ワールドプレミア。単穴は単勝10倍以下、連下は単勝30倍以下、紐は単勝100倍以下が理想の想定だっただろう。, さすがの武豊騎手、菊花賞を勝つべくして勝つエスコートを見せワールドプレミアをクラシック馬へ導いて見せた。好枠を利用した巧みなレース運びでヴェロックスをマンマーク。神戸新聞杯よりも前目の位置で展開し、直線できっちりと抜け出すスペースを見つけて鮮やかに快勝。この勝利で、武豊騎手は昭和・平成・令和で菊花賞タイトルを獲得。ディープインパクトが急逝した年に、その産駒でクラシックを制するドラマチックなエンディングとなった。, 不利とされる大外枠を引いたタガノディアマンテだったが、同中はセオリー通りに後方から展開。勝負どころで早めに上がって行くと、4コーナーでは先頭を窺う勢いで仕掛けて行った。さすがに直線では脚が上がってしまい7着に敗退となったが、ある意味で勝負師の田辺裕信騎手らしい積極策。見応え充分の競馬だった。, 勝ち馬ワールドプレミアについて、追い切りの動きが素晴らしく、その内容でプラスなので成長分ということだろう。鞍上のレース運びも素晴らしいが、馬自身のゲートの出も良く、直線の伸びもとても良かった。元々能力はある馬でようやく本格化したかというイメージ。来年も楽しみな一頭。2着馬サトノルークスについて、外枠も距離も厳しい印象だったが強い2着であった。追い切りでは素晴らしい動きを春先からずっと見せており、ようやく体が追いついてきたということだろう。距離適性もあるようにみえる。3着馬ヴェロックスについて、うまいレース運びだったが最後は伸びきれず。よく3着に入ったくらいの印象であり敗因はやはり距離につきるか。中距離なら実力はあるし、血統的にも今後の成長がうかがえるので今後また大きいところで良いパフォーマンスを見せてくれるだろう。この3着はむしろとても大きく評価できるものである。(石川), シフルマンがある程度飛ばして逃げて行く想定だったが痛恨の出遅れ。押し出された形でカウディーリョがかなりのスローペースを形成した1戦となった。その中で上手く立ち回ったワールドプレミアが、ヴェロックスの後を付いて行く様にして内目を付き快勝。これはまさに武豊騎手だからこその勝利だろう。やはり長距離は騎手重視で買うべきだったか。(田中), ワールドプレミアの武豊騎手は見事な騎乗だった。好枠を生かして終始内を進み直線では見事に弾けて、上がり35.8の末脚を発揮して他馬を差し切った。長距離は騎手とよく言うがまさに当てはまったレースだったのではないか。2着のサトノルークスも上がり35.7を叩き出し見事な競馬だった。3着のヴェロックスは先行できたが最後は脚が上がった。やはり外枠も響いたのだろう。(坂入), ヴェロックスはレース前から元気がなかったのは気になっていたが長丁場ならむしろプラスなのかとみていた。悪い位置ではなかったがややチグハグな道中と感じる。結果やはり残り200過ぎてからの手応えは無かった。あれで三着に入ったのは地力だろう。逆に内でじっくり溜めて、追い出しも難なく出来たワールドプレミア。ここは豊Jの采配勝ち。驚異の5勝目は素晴らしいとしてかいえない。2着は期待されながらも結果を残さなかったサトノルークス。やっと結果が伴ってきた印象。こちらも一応的中&勝利で終えられたので良かったが、ここのところ何とかなった感が強いのでもう少し会心の的中と勝利を目指したい。(道永), 春3強の一角ヴェロックス。前走の神戸新聞杯ではサートゥルナーリアにちぎられたものの、3着以下には完勝しており能力的にはやはり抜けた存在。そのサートゥルナーリアやダノンキングリーがいない点を考えても、ここは本命視せざるを得ないだろう。母系の重厚さ含め、スタミナ面に関しても問題ない。最後の一冠を手にして父ジャスタウェイに初の勲章を捧げたい。, 主な実績は無いものの、前走の神戸新聞杯では後方から最速の上がりを使って2着ヴェロックスに迫る勢いは眼を見張るものがあったワールドプレミア。元より、デビュー前はクラシック候補と騒がれていた1頭で、兄はダービーで1番人気を背負ったワールドエース。その兄の果たせなかったタイトルをGETすべく淀の舞台で弟の末脚が炸裂なるか。鞍上は菊花賞4勝を誇る武豊騎手。, ペースにもよるが距離適性がとわれるレースで未経験馬ばかりなので絶対信用というのはできないが前走もまけたとはいえこの世代の上位5頭程度はかなりレベルが高いのでヴェロックスがライバル不在の場合、それでも信用していいのではないだろうか。相手は下位馬まで地力差なさそうなので手広く狙っていって良さそうなレースだろう。ヴェロックスが凡走した場合は大万馬券まで想定できるだろう。, 神戸新聞杯でもかなりテンションが高くレースで掛かり気味だっただけに、2戦目で更にその気性が荒ぶれば飛ぶ可能性も十分。そもそも3000mの距離適性にも疑問符が付き、最後の直線で前走の様な脚が使えなかった場合は大敗まで一考か。武豊騎手の腕に注目したい。, オルフェーヴル産駒で全天候型のタガノディアマンテ。如何にもスタミナがありそうな1頭で、上がりが掛かるタフな1戦となった場合において浮上=ハイペースの縦長という展開になれば、外枠の不利も道中で内へ潜り込めさえすれば相殺出来るだろう。, 本命はワールドプレミア、仕上がり面がとても良くみえる。前走が素晴らしいパフォーマンス。レース内容が良くとても評価できる。距離が伸びていいタイプに思うし好枠もゲット。ここは大きく信頼したい。対抗はヒシゲッコウ、前走が古馬相手に素晴らしいパフォーマンス。楽々の良い内容であった。エンジンのかかりが遅いタイプなのでこの距離は合っているしここは大きく期待できる。▲はヴェロックス、能力はある馬だが中距離でこそのタイプにみえる。その点がどうか。(石川), 距離、条件などどうあれ春の実績を重視してヴェロックスを本命に。折り合って正攻法の競馬が出来れば、唯一出し抜けそうなのが重賞2勝のニシノデイジーか能力的に未知数のザダル、ホウオウサーベルというところか。ともあれ、大荒れまであると踏んで手広く勝負をかけたい1戦でもある。(田中), ラストの一冠へ向けての一戦。本命はワールドプレミア。前走は負けて強しの内容。勝ち馬とは0.7秒差だがやや余裕仕上げだった。今回は目一杯に仕上げてきた。長距離戦は騎手にも左右される。阪神コースよりは京都コースの方がいいのではないか。対抗は上がり馬のヒシゲッコウ。初の長距離輸送、初G1挑戦と壁は高いがデビューから全て上がり最速で勝っている点を評価したい。鞍上は名手スミヨン騎手。一発があってもなんら不思議ではない。3番手以下は混戦だがホウオウサーベル、ザダル辺りは脅威。(坂入), 正直今年の菊花賞は有力馬と紐候補の差が激しいので逆に難しいが、展開次第で距離の壁も関係なくなる事も多レース。実績を重視。素直に◎ヴェロックスから厚くいく。説明も要らないぐらい実績は一番。ハプニングが何もなければ勝つとみている。◯ワールドプレミアが二番手。ここも実績から信頼は出来る。武豊騎手はこのレースの乗り方も熟知している。正直稽古は本命より好印象。▲レッドジェニアルが三番手。ダービー馬を負かしているのはフロックではないはず。菊花賞覇者の酒井騎手というところも面白い。(道永). ■最高値2652% 15000円→397750円 生産者/産地ノーザンファーム/安平町 中央獲得賞金4770万2000円 All rights reserved. なかなか鋭い読みしてます。 生産者/産地/ノーザンファーム/安平町 ■回収率338% 父ディープインパクト 主な勝鞍19’若葉ステークス 生産者/産地社台ファーム/千歳市 中央獲得賞金/5749万7000円 天皇賞春3連複回収率1600%達成 1-6/1500円 馬主/株式会社 サトミホースカンパニー

馬連:回収率303%/ワイド:回収率70% 通算成績9戦3勝[3-1-1-4] 通算成績7戦3勝[3-2-0-2] 生産者/産地ノーザンファーム/安平町 中央獲得賞金1億2449万5000円 菊花賞2019の出走予定馬や騎手・優先出走順、予想オッズを中心に菊花賞2019に出走予定馬の注目馬考察や菊花賞2019出走馬【特注穴馬厳選1頭】なども紹介していきます。(2019年10月20日(日曜)/京都競馬場/第80回菊花賞/芝3,000mG1), 今年の菊花賞はこれまでに類を見ない混戦。皐月賞馬や日本ダービー馬が不在なだけではなく、セントライト記念の勝ち馬リオンリオンや神戸新聞杯の勝ち馬サートゥルナーリアまでが不在というまさに大激戦。, そんな混戦の中でも順調に走ってきたダービー3着、神戸新聞杯2着のヴェロックスが人気の中心になりそうです。, ただでさえ荒れやすい菊花賞。今年はそれに輪をかけるようなメンバー構成ですから、本当に難解な1戦になりそうです。, ◎11/08 東京05R 中央獲得賞金7240万8000円 京都コース[2-0-1-0]

3頭入着したら一撃必殺馬券

主な勝鞍18’東京スポーツ杯2歳S 厳選5頭推奨馬ボックス 母セルキス, 春のクラシックは、皐月賞2着、ダービー3着と惜しい競馬も、重賞は未勝利。最前線で活躍をしてきた同馬だけにサートゥルナーリアもダノンキングリーも不出走のここは、何が何でも獲りたいところ。, 菊花賞出走予定メンバーの中では、今だに掲示板を外すことなく安定した競馬。先行策を取りながらの上がり3Fも最速を連発するあたりもその強さを反映している形。, 淀3000mへの距離適性は、血統背景から見て問題なさそうですからあとは最終追い切りの出来次第でしょうか。, 調教師/友道 康夫(栗東) 第56回(1995年)菊花賞 詳細情報 ↓前夜公開の無料買い目画像 菊花賞2019の出走予定馬や騎手・優先出走順、予想オッズを中心に菊花賞2019に出走予定馬の注目馬考察や菊花賞2019出走馬【特注穴馬厳選1頭】なども紹介していきます。

3連複6点前後平均回収率500% 通算成績4戦3勝[3-0-1-0] 主な勝鞍19’つばき賞 ■レース数:24レース 父ハービンジャー

父ジャスタウェイ 第11回(1950年)菊花賞 詳細情報. ■11月10日(火)ローレル賞[地方] 第52回(1991年)菊花賞 詳細情報. 母ラルケット, 2年連続3着を輩出している前走阿寒湖特別。今年は、ヒシゲッコウが満を持して望む大一番。, これまでわずか4戦のキャリアでありながら、[3-0-1-0]と3着内率100%。また、全4戦2000m以上に出走して上がり3Fがすべて1位という切れ味。, 血統背景も申し分なく、これだけの内容ですから、まだ戦ったことが無い相手には底を見せていないだけに期待が持てる1頭ですね。, 過去10年、単勝7番人気~15番人気が[3-3-5-79]勝率3.3%連対率6%3着内率12.2%と穴馬が活躍出来るコースとしてしっかりと数字が出ています。, 今年の菊花賞は、トライアルレースを制したサートゥルナーリアやリオンリオンの不参戦や絶対馬の存在が薄いレースになりそうで、そうなると穴馬が絡んでも驚きませんよね。, 個人的な見解としては、ヴェロックスから紐あれを想定しています。人気で決まったとしても3着以内に1頭は穴馬が入るかなと。, 調教師/高橋 義忠(栗東)

学法石川 サッカー, 札幌 サッカー協会審判, 工藤阿須加 兄弟, 霧島せいか インスタ, 北陸高校 寮, アメリカ国旗 イラスト 簡単, 竜王戦 ライブ, 新井美羽 トップコート, フェニックス 称号 難易度5, 猫ふくまる 亡くなる, 将棋 永世名人, 韓国人メジャーリーガー 年俸, ロッテ免税店 Hince, Sc札幌 サッカー, ドラマ視聴率 歴代, 猫ふくまる 亡くなる, ロッテアライリゾート グリーンシーズン, 七夕賞 2020 出走予定, 落馬 した 馬, 8地区 新人戦, 有馬記念 2021, 天体観測 ベース, ディーンアンドデルーカ オンライン, ソフトバンク光 テレビ 工事費 キャンペーン,

関連記事一覧