BLOG

ブログ

病院は爆撃により小屋ごと大破。 この記事では、2020年5月2日に発売の『ジャンプスクエア2020年6月号』で掲載された怪物事変【最新第42話】薔薇と太陽のネタバレと感想をまとめています。 『ジャンプsq』のネタバレ一覧はこちら 田村は芋と交換条件で兵士たちに塩を与え、共にパノンポンへ向かうことになりますが、この道筋はさらなる地獄へ続く旅の始まりだったのです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 太平洋戦争末期。フィリピンのレイテ島では現地の兵士たちが戦っています。もうすぐ日本の敗戦も決まると言われていても現地には届かないのか、信じられないのかとにかく兵士は必至で戦っていたのです。 監督:市川崑 出演者:船越英二(田村)、ミッキー・カーチス(永松)、安田(滝沢修)、下士官(浜口喜博)ほか, ここからは映画「野火(1959年)」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 舞台は1945年、太平洋戦争末期のフィリピン、レイテ島。陸軍に属する田村一等兵は、肺病を患い部隊から追い出されてしまいます。米軍に包囲された日本兵は山中へ逃げ込み、食料調達も満足に出来ない状態でした。野戦病院に入院するよう指示された田村は、サツマイモと手榴弾を雑嚢に入れ歩き出します。入院が拒否された場合は手榴弾を使い自決しろと命じられていました。病院を目指して山野を歩き続ける田村は、遠くに立ち上る黒い煙を数度見かけます。やっとのことで病院にたどり着くも、入院を拒否され近くの林に入ります。そこには同じような境遇の日本兵達が集まっていました。まだ若い永松や、ずる賢い安田らと知り合う田村。黒い煙は地元の農夫達がトウモロコシの皮を燃やしているのだと教わります。その後病院は米軍の空襲で木っ端微塵に吹き飛ばされ、田村達は散り散りになって逃げ出しました。, 数日間水辺で寝起きした田村は、遠くに何か光る物を見つけます。教会の十字架だと気づき、危険を承知で村に入りますが人の姿はありませんでした。教会の周囲には日本兵の遺体が折り重なって放置されています。そこへ海から村人と思われるひと組の男女がやって来ました。彼らは小屋に入り床板を外して何か取り出そうとしています。田村が姿を見せると、女が物凄い悲鳴を上げました。レイテ島の人間にとって、日本兵は既に敵だったのです。田村は絶叫する女を射殺し、男の方も追いかけましたが海へ逃げられます。小屋に戻った田村は床下で塩を発見し、喜々として入手しました。, 村を出てしばらく歩くと、3人組の日本兵に出会いました。彼らによると日本兵には既に退却命令が出ており、パロンポンへ向かうことになっていました。田村は塩を分ける代わりに一緒に連れて行ってもらう約束をします。パロンポンを目指す日本兵達は一様に生気を失った目つきをしています。道中、タバコの葉を売っている永松と再会した田村。足を負傷し動けなくなった安田と行動を共にしているそうです。安田は米軍に投降するつもりのようでした。2人と別れた田村が街道付近までたどり着くと、日本兵達が集まっていました。パロンポンへ行くには街道を横切らなくてはなりません。しかし街道には米軍の車が走っています。夜を待ち街道に出た日本兵でしたが、潜んでいた米軍の戦車に爆撃され多くが命を落とします。何とか生き延びた田村はパロンポンも投降も諦め、あてもなく山野を歩き始めます。, 険しい山道、雨季による大雨、横たわる死体。その中を1人きりで歩き続けた田村は、木の根元に座り込む1人の日本兵に出会います。半ば正気を失っている彼は、「俺が死んだらここを食べてもいいよ」と腕を出しました。思わず唾を飲み込んだ田村は恐ろしくなり、男のそばから逃げ出します。歩いた先にはぽつんと人の手が転がっていました。「俺は食わない」と呟く田村。そこで偶然永松と再会し、水と食料を分けてもらいます。しかし弱った田村の歯は固い物を噛めません。永松は食料について猿の干し肉だと説明し、安田の寝床へ田村を連れて行きました。, 安田と合流した田村は、安田と永松が互いに警戒し合っていることを知ります。2人の間に信頼は無く、隙を見せれば食われてしまうような、殺伐とした関係になっていました。手榴弾を奪われないよう田村に忠告する永松。ところがある雨の日、永松が猿を狩りに行っている間、安田に手榴弾を奪われてしまいます。そこへ響いた銃声の方へ田村が走っていくと、永松が人間に向かって発砲していました。永松は人肉を猿の肉と偽っていたのです。安田が手榴弾を奪ったと知った永松は、安田殺害を決意します。遠くから声をかけて手榴弾を使わせ、水辺に潜んで安田が現れるのを待ちます。遠くにはまた黒い煙が見えていました。「俺が悪かった」と叫びながら現れた安田を射殺する永松。銃剣を使い解体し始めた永松を見て、田村は銃口を彼に向けます。顔を上げた永松の口元は安田の血にまみれていました。永松を射殺した田村は銃を捨て、煙を出す野火の方向へ歩き始めます。「普通の暮らしをしている人間に会いたい」という一心で歩き続ける田村。野火の向こうから銃撃された田村が地面に崩れ落ち、この映画は終わりを迎えます。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ.

塚本晋也(監督/田村一等兵)、リリー・フランキー(安田)、中村達也(伍長)、森優作(永松)、, そんな中、一等兵の田村(塚本晋也)は肺病を患っていたことから、隊を追い出されます。, 行き場を失った田村は、周辺にたむろしている同じような境遇の兵士たちの中に身を寄せるしかありませんでした。, 中年で足を負傷している安田(リリーフランキー)と、安田に下僕のように従える若い永松(森優作)でした。, 田村は、火を手に入れたくて話しかけますが、殺されると勘違いして騒ぎ出した女性を思わず銃で撃ち殺してしまいます。, そこで「パロンポンに行けば日本に帰れる船が出ている」と知らされ、田村の貴重な塩を目的に自分達に同行するよう誘われます。, まばゆい閃光…。そして鳴りやまない銃撃音と、体が銃弾に撃ち抜かれ肉が飛び散る音…。, 伍長は「俺が死んだら、ここ食べていいよ。ハハハ…」と笑いながら自分の腹を指さします。, 落ちていた人の足にかぶりつきそうな自分に我に返り、そのまま意識を失ってしまいました。, 田村の同意を得られないまま、永松は安田を銃で撃ち殺し、持っていたナイフで切り刻み、「猿の肉」にかぶりつきました。, 田村はその様子に耐えきれなくなり、銃を手に取り、血と肉で口を真っ赤に染めた永松を撃ち殺すのでした。, 妻が書斎に食事を持ってきた後、しばらくして田村に目をやると、そこには奇異な行動をしながら食事をする姿が見えます。, 田村が窓越しに見る景色には、かつてレイテ島の戦地で見た野火が今も赤々と映っているのでした。, 戦争映画というとまず銃撃戦を想像しますが、この「野火」にはそれがほとんどありません。, 時折、銃弾が降ってくる時もありますが、この映画での描かれ方は「戦争」ではなく「天災」です。, 倫理面では間違っているとしても、戦争という極限状態における生存本能としては頷けます。, しかしそれよりも辛いと感じるものは、主人公・田村が最後まで「人間」であろうとしていることです。, このような不条理な現実の中では、理性を失くしてしまった方が幾分ましだっただろうと思います。, そのことを危惧した塚本監督が、リアリティを重視して自ら出演しながら完成させた渾身の一作です。. 「野火」のネタバレ ジャングルの中の延々と続く小道を、パノンポンへ向け歩く田村たち。 道中、同じくパノンポンを目指す多くの兵士と出会います。 そして道を進むにつれ、力尽きたか食料が尽きたか、あるいは敵にやられたか。道の両側を埋めるように、死体の山が連なっていきました。 野火 Fires on the Plain(ネタバレ) <激!どうでもいい前置き> みなさん、こんばんわ!ヘ(゚∀゚*)ノ ワッショイ! 田村が芋の生えている場所へ戻ると、3人の兵士たちが芋を掘り出した後でした。 グロいシーンも多くありますが、今までの戦争映画では描かれなかった真実がそこにあります。, ≪キャスト≫ 高校生時の塚本晋也が、大岡昇平の問題作『野火』を読んだ感動を念願を叶えて完全実写化。戦後70周年を迎えるにあたり、日本社会の状況が右傾化していく危惧を感じ、「これはヤバイ」と単独で撮影で挑んだ渾身の一作。, また、1959年に、市川崑監督が初の映画化をした『野火』では、描かれることのなかった真実を伝える衝撃の作品です。, 第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の敗北が濃厚となった過酷な戦況の中で、結核のため野戦病院へと送られた主人公の田村一等兵。, 田村は、野戦病院の近くにいた2人組みの兵士たちと出会います。父親ほどの年齢の安田は足を負傷しており、永松という若い男が、下僕のように安田の面倒を見ていました。, やがて、田村のカバンに芋が入っていることに気付いた永松でしたが、そんな矢先、野戦病院は戦闘機の攻撃を受けて爆発炎上してしまいます。, またも、独り彷徨い歩いた田村は、教会のある村にたどり着きます。礼拝堂の長椅子に、田村は横たわると疲れ果て眠ってしまいます。, しばらくすると、近くの水辺に船でたどり着いた若い男女が、じゃれ合いながら教会へと入ってきました。, 田村は、男女に銃口を向けてマッチが欲しいと懇願しますが、女性は殺されてしまうという恐怖心から発狂。, 女性がひどく興奮して騒ぎ続けたために、田村も気が動転したのか、向けていた銃で女性を撃ち殺してしまいます。怯えた連れの男性は、教会の扉から外へと逃げ去って行きます。, その女の死体の側には、小さな地下倉庫があり、田村は貴重な塩を見つけ、その場から立ち去ります。, 田村は、やがて偶然に出会った3人組の兵士から、生き残った兵士は全てパロンポンへの撤退命令の集合が掛かっていることを知らされます。, 自信過剰気味である伍長と、その部下は、田村が持っている塩に気付くと、塩を目当てにしたのか、自分たちと同行するように仲間入りの提案します。, 彼らは笑いながら別の戦場では、人肉を喰ったことを自慢するなど、気の抜けない連中ではあったのですが、田村とっては頼りになりそうな人物たちでもあったのです。, しかし、丘の上は見晴らしも良く、敵は標的に一目瞭然。伍長は、夜に丘越えの作戦実行を計画しようと待機を支持します。また、周囲には同じような日本兵がたくさん潜んでいました。, 夜。田村たちは作戦を実行しようと丘を登り始めます。同じように隠れていた多くの日本兵たちが突入して行きます。, 身を隠す逃げる場所が無い兵士たち、魑魅魍魎と化して逃げ惑う地獄絵図の中で全滅状態に陥ります。, 奇跡的に生き残ることが出来た田村は、瀕死の重体となった伍長を見つけます。伍長は、「自分が死んだら自分の腹の肉を喰え」と田村に告げます。, 伍長の死に無数の蝿の飛び交うと、田村は目の前に落ちていた“肉の塊”に幻覚を見るのです…。, 飢餓状態で意識を失っていた田村は、再び現れた永松に助けられ、水と、“猿の肉”をもらって食します。, やがて、永松に導かれ安田とも再会した田村。しかし、唯一所有していた手榴弾を言葉巧みな安田にな言動に奪われてしまいます。, 永松に同行して田村も食料になる猿狩りに出かけます。しかし、猿などはおらず、永松が銃を撃っていた先にいたのは同じ日本兵だったのです。, 猿狩りに失敗した永松は、田村が安田に手榴弾を取られたのを知ると、慌てて安田の元に戻ります。すると、案の定、安田が手榴弾を投げてきたのです。, 田村と永松は急いで逃げたのですが、爆発した手榴弾の一部を田村が肩に受けると、飛び散った自分の肉を田村は口に入れます。, 永松は、自分たちを殺して“猿の肉”として喰おうとした裏切り者の安田を、こちらが先に殺して喰ってしまおうと提案。悩む田村を放っておき、永松は安田を撃ち殺してしまいます。, “猿の肉”となってしまった安田を口にしながら、口元を真っ赤に血に染めは永松は、肉の塊を解体していきます。, そして、「俺がお前を喰うかお前が俺を喰うか」と言う永松に、田村は銃口を向けて撃ち抜くと、もうひとつの“猿の肉”が……。, 田村の妻は、夕食の膳を書斎に運び差し出します。去り際の妻が障子越しに目撃した、田村の食事をする後ろ姿は、この世のものとは思えない奇怪さと救いの祈りに満ちた狂気の様だった。, やがて、田村が見つめる窓の外には、過去にレイテ島で幾度となく見た野火、それが近い未来で燃えていた…。, 戦争さえなければ普通に生きていたろう人たちが、国から殺人を強要されたことで、人間は兵士となります。, そして戦場という極限状態に追い込まれたことで、自我の崩壊に共に生死の意識が変容していく恐怖と、人間の業(喰う)が描かれます。, 塚本監督は、市川崑監督版『野火』では描かなかった、帰還後の姿としてカニバリズムのあった事実を描きました。, また、怪しすぎるほどに美しい自然の中で、変貌を遂げる人間は、これまで塚本監督がテーマとしてきた「都会と人間」よりも、より深いテーマを見出した作品だとも言えそうです。, メッセージ性の強い今作は、第71回ヴェネツィア国際映画祭での上映を皮切りに、各国の映画祭で圧倒的な支持を得ている作品です。, また、「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門第2位、第70回毎日映画コンクールでは、男優主演賞&監督賞をダブル受賞しています。, 2014年に開催された、第71回ヴェネツィア国際映画祭にて、『野火』が正式上映された際に、観客からこれほどの暴力描写が必要なのかと物議があがったそうです。, 塚本晋也監督にお会いした際に、そのことについて尋ねてみると、映画を撮影する以前に希少となった元兵士たちから戦争の体験談を取材した経験からは、映画より実際の戦場はもっと悲惨なものだったと話してくれました。, また、塚本監督は、厚生省が遺骨収集を行うの調査団に同行するなど、戦争を知らない世代として、どれだけ真にその状況をイメージが出来るかに時間を費やしたそうです。, 戦況の悪化で、死ぬことも生きることもできない状況下の人間は、それでも喰い続けなければならなかった。, 自身の負傷した傷にたかる蛆を食べたり、他の部隊に属する兵士を殺して食べるという現実があったというのです。, この作品を観ることで、塚本監督は、戦場を疑似体験して欲しいと観客に伝え、実際はもっと悲惨であったと目を潤ませていました。, 2017年に続編が公開され、今もファンに支持され続けている映画『トレインスポッティング』。 スコットランドのエディンバラを舞台にヘロイン中毒の主人公がヤク中仲間と送る怠惰な青春。 20年以上経った今見 …, 映画『クリード2炎の宿敵』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ロッキーシリーズから新たな挑戦!, 永遠の名作「ロッキー」の精神を見事に継承してみせた大傑作『クリード チャンプを継ぐ男』から3年。 チャンピオンになったアドニスの前に30年前父アポロ・クリードを殺した宿敵が現れる…! ロッキーシリーズ …, 韓国映画『パラサイト』感想とレビュー評価。日常と2つの家族によって描かれた資本主義の構造, ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞『パラサイト 半地下の家族』。 映画『パラサイト 半地下の家族』は、世の中にベジタリアンを増やしたと言われるほど注目を集めた映画『オクジャ』(2017)に続く、 …, 女優グレタ・ガーウィグの初単独監督・脚本作で、第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、映画『レディ・バード』。 『フランシス・ハ』『20センチュ …, 韓国映画『いつか家族に』ネタバレあらすじと感想。結末で家族の絆とは何で決まるかを描いた心に響くヒューマンドラマ, 家族とは?親と子とは? 『活きる』で知られる中国の作家・余華(ユイ・ホア)による人気ベストセラー「血を売る男」を映画化。 『1987、ある闘いの真実』『お嬢さん』『チェイサー』などで俳優として活躍する …, 以下、『野火』ネタバレ・結末の記載がございます。『野火』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。, パロンポンに向かうためには、ジャングルを抜けてどうしても越えなくてはならない丘がありました。, 自身の負傷した傷にたかる蛆を食べたり、他の部隊に属する兵士を殺して食べるという現実があった, 『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】, 『ミッドナイトスワン』小説と映画の結末の違いをネタバレ考察!ラストまで続く内田英治監督の細かい心理描写|映画という星空を知るひとよ30, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『さくら』小説ネタバレと結末までのあらすじ解説。西加奈子原作の一匹の老犬が見守る家族のヒストリー|永遠の未完成これ完成である16, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】, 映画『ばるぼら』あらすじと感想。二階堂ふみがヌードの濡れ場で稲垣吾郎を相手に手塚漫画に挑む|TIFF2019リポート23, 『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7, 『ミッドナイトスワン』ラスト感想と評判解説。最後の海で世界へと飛び立っていく“二人”の美しい白鳥の姿. 仕方なく部隊に帰るものの、なぜ戻って来たと怒鳴られ、殴られ。再び病院へ行っても前回と同じように取り合ってすらもらえません。 途方にくれる田村が、病院の外の木陰で座っていると、若い兵士が「タバコと芋を交換しよう」と話しかけてきました。 FOD(フジテレビが運営する月額動画配信サービス)は本来888円ですが、最初の1ヶ月間だけ無料のお試し期間があります。登録すれば今すぐ視聴できます。, 1944年、第二次大戦末期。 「肺の病気っていうだけで、よくここに来れたな」 モロッコの現地日付け2016年12月4日に、第16回マラケシュ国際映画祭にて、塚本晋也監督が功労賞「トリビュート」を受賞しました!, 塚本監督の積み重ねて来た映画製作の大きな功績に贈られた賞で、授与式には自称塚本ファンのヤン・クーネン監督が、このために会場に駆けつけて記念トロフィーを手渡したそうです。, 【キャスト】 田村はカタコトの現地語で、撃つ気はない、火をくれないかと頼みますが、怯えた女性が悲鳴を上げ続けるのを見て、思わず引き金を引いてしまいます。 【公開】 2015年(日本) 【監督・脚本・編集・撮影・製作】 塚本晋也 【キャスト】 塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子、山本浩司、山内まも留 【作品概要】 高校生時の塚本晋也が、大岡昇平の問題作『野火』を読んだ感動を念願を叶えて完全実写化。戦後70周年を迎えるにあたり、日本社会の状況が右傾化していく危惧を感じ、「これはヤバイ」と単独で撮影で挑んだ渾身の一作。 また、1959年に、市 … 『野火』(のび、Fires on the Plain )は、大岡昇平の小説。1951年に『展望』に発表、翌年に創元社から刊行された。 作者のフィリピンでの戦争体験を基にする。 死の直前における人間の極地を描いた、戦争文学の代表作の一つ 。 第3回(昭和26年度)読売文学賞・小説賞を受賞している 『野火』:公式サイト島太平洋戦争に従軍した作家:大岡昇平の同名小説を塚本晋也監督が自らの主演で映画化。帰還した元兵士たちの実体験をもとに、苛酷な最前線の現実を赤裸々に描く。塚本監督の作品は『バレット・バレエ』『六月の蛇』しか観ていないので、詳しくはないです。 険しい山道、雨季による大雨、横たわる死体。その中を1人きりで歩き続けた田村は、木の根元に座り込む1人の日本兵に出会います。半ば正気を失っている彼は、「俺が死んだらここを食べてもいいよ」と腕を出しました。思わず唾を飲み込んだ田村は恐ろしくなり、男のそばから逃げ出します。歩いた先にはぽつんと人の手が転がっていました。「俺は食わない」と呟く田村。そこで偶然永松と再会し、水と食料を分けてもらいます。しかし弱った田村の歯は固い物を噛めません。永松は食料について猿 …

上白石萌音 ファンレター, インターハイ 意味, 菅野智之 血液型, 天体観測 楽しみ方, 高校サッカー 選手権 速報 中継, ごめん愛してる 日本 韓国人, 影 陰 蔭 違い, 長谷部誠 インタビュー, 森内俊之 伝説, サンク 網走, 近江高校サッカー 推薦, ドログバ 現在, ロッテ 石崎 成績, ポルトガル語 お腹 す いた, フェアゲーム 映画 1995, スーツ マイク, 勇者たち 裏 少年サンデーコミックス, アメリカ文化 日本への影響, ジャイアンツ マスク アンダー アーマー, 千葉県 サッカーチーム, アマンダ セイ フライド 似てる, ロッテ 歴代 アイス, 綾野剛 音楽, 須藤直輝 インスタ, キラメイジャー マブシーナ スーツアクター, パトリック シュリー アウトレット, トランシップ Bl, ジャイアンツ 結婚, フレンドリー スポーツ 全日 2019, アメリカ 移民問題, 坂本勇人 ホームラン王, ロッテ 背番号1, ダーツマシン 自宅, プロレスラー 坂口征二の 息子, キラメイジャー なりきりセット, 暁の7人 ブルーレイ, 青森山田 サッカー 一年生, 馬 シャレード, 佐々木郎希 現在, クリントン 党, 戦争関連銘柄 アメリカ, ウイニングポスト9 ヒシアマゾン 産駒, 2008 ロッテ スタメン, 順位戦 B2, 就実高校 サッカー 推薦, サニー スイフト, 木内みどり たけし, ジャパンカップダート 結果, 坂本勇人 座右の銘, ナターシャ 歌手, チョコモナカジャンボ 宝くじ 当選, Spaia Ai競馬, 藤井聡太 棋聖戦, 長谷部誠 特徴, 神秘の健康力 出演者, 東京ダービー 追い切り, 天体観測 ギターソロ, ヒロイン失格 動画, 東京タラレバ娘 ひどい, 彼らを見ればわかること マンション ロケ地, パトリック マラソン サイズ感, マルシェ ノルド, 株主優待 おすすめ 女性, 江南南サッカー少年団 出身, グリーン 歌詞 スピッツ, テイエム プリキュア の 2018, 陽だまりの彼女 主題歌, 過保護のカホコ 8話, 朝倉あき 本名, サントリー 無料モニターキャンペーン, 新ビバリーヒルズ青春白書 メーガン, クロコスミア 意味, 懸賞 おすすめ, 吉岡里帆 エリクシール おしろいミルク,

関連記事一覧